Created on | Updated on
フォローする

アニメートされた全てのパラメータを開く

btn_dl_on.gif

 

MQ+ Open Animated Parameters:

kinematiks,Visibility,Material,ICE など複数のカテゴリのパラメータをアニメーションしていても、それらを一つのプロパティエディタに表示します。

 

インストール方法:

  1. ダウンロードしたファイルを解凍し「MQ_OpenAnimatedParametersPlugin.vbs」をお使いのSoftimageのプラグインフォルダに保存します。
  2. Softimageを起動し直すか、File > Plug-in Manager…のTreeタブのLoadボタンで上記のファイルを指定します。

 

使用方法:MQ_OpenAnimatedParameters1_1a.jpg

  1. オブジェクトをノード選択します。 複数選択には対応していますが、ブランチやツリーで選択した場合は選択の一番上位のオブジェクトに対してのみ処理を行います。
  2. Edit または Animation > MQ+ Open Animated Parameters を実行します。
    3Dビュー及びスケマティックビューの何もない部分でコンテキストメニューを開いてもアクセスできます。
MQ_OpenAnimatedParameters1_3a.jpg

※複数のオブジェクトを選択して実行した場合は、オブジェクト毎にプロパティエディタを開きます。 この時にはプロパティエディタは同じ位置に重なって表示されます。
※ヌル・ボーンのルート・エフェクタではActivePrimitiveからパラメータを開く事ができないため(こちらは Softimage のバグであり、既知となっております)、もう一つプロパティエディタを開いてActivePrimitiveのパラメータを表示します。

情報:

製作者:KITAMURA MisaQa / MisaQa-k@borndigital.co.jp
制作日:2013/03/05
対応バージョン:Softimage 2013以降
※このスクリプトを使用した一切の障害に対し弊社は責任を負いません。
※本スクリプトの販売目的での商用利用は許可いたしません。

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。