Created on | Updated on
フォローする

CroudFXをFBXで書き出したデータのSoftimage化

btn_dl_on.gif

 

MQ+ CrowdFX Actor to Model:

CroudFX で作った群衆を「群衆を FBX(Nullリグ)として書き出し/群衆を FBX(Nullリグとジオメトリ)として書き出し」でFBXで書き出しSoftimageで読み込むと、FBXではモデルノードと言う概念が無いためActor_xがヌルになってしまい、これ以下のヌルの名前の末尾に数字が入ってしまいます。
本スクリプトでは”Actor_x”をモデルノードに置き換え、これ以下のオブジェクトの名前の末尾を除去します。
MQ_CrowdFX_Actor2Model1_2a.jpg
↓ ↓
MQ_CrowdFX_Actor2Model1_2b.jpg

インストール方法:

  1. ダウンロードしたファイルを解凍し「MQ_CrowddFX_Actor2ModelPlugin.vbs」をお使いのSoftimageのプラグインフォルダに保存します。
  2. Softimageを起動し直すか、File > Plug-in Manager…のTreeタブのLoadボタンで上記のファイルを指定します。

MQ_CrowdFX_Actor2Model1_1a.jpg使用方法:

  1. FBXから読み込んだツリーの一番頭のモデルノードを1つだけ選択します。
  2. [ICE] > CrowdFX > 群衆 > MQ+ CrowdFX Actor to Model を実行します。
    MQ_CrowdFX_Actor2Model1_1b.jpg

 

情報:

製作者:KITAMURA MisaQa / MisaQa-k@borndigital.co.jp
制作日:2013/06/10
対応バージョン:Softimage 2014以降
※このスクリプトを使用した一切の障害に対し弊社は責任を負いません。
※本スクリプトの販売目的での商用利用は許可いたしません。