Created on | Updated on
フォローする

選択以下の階層構造を得たい

btn_dl_on.gif

 

MQ+ Get Tree Lest Selection:

選択オブジェクト以下の階層をテキストで返します。

 

インストール方法:

  1. ダウンロードしたファイルを解凍し「MQ_GetTreePlugin.vbs」をお使いのSoftimageのプラグインフォルダに保存します。
  2. Softimageを起動し直すか、File > Plug-in Manager…のTreeタブのLoadボタンで上記のファイルを指定します。

 

MQ_GetTreeList1_1a.jpg使用方法:

  1. オブジェクトを一つ選択します。 選択の仕方はノード/ブランチ/ツリーどれでも構いませんが、複数選択はエラーを返して終了します。
  2. MQ+ Get Tree Lest Selection を実行します。
    MQ_GetTreeList1_1b.jpg
  3. スクリプトエディタのログにオブジェクト毎にタブ区切りで表記されます。 モデルノードは[ ]で囲まれています。
    MQ_GetTreeList1_2a.jpg

    タブ区切りですので、ピンクで囲った部分をコピーしエクセルに貼り付けてお使い頂く事ができます。 「A」の列は後ほど削除下さい。 スクリプトエディタのログではインデントが狂っているように見えますが、これはノードの文字数がタブの幅を超えているためにずれて見えているたけです。 エクセルでは下記の通り、1セルに1ノードが貼りつけられます。
    MQ_GetTreeList1_3a.jpg

 

情報:

製作者:KITAMURA MisaQa / MisaQa-k@borndigital.co.jp
制作日:2013/03/04
対応バージョン:Softimage 2013以降
※このスクリプトを使用した一切の障害に対し弊社は責任を負いません。
※本スクリプトの販売目的での商用利用は許可いたしません。

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。