Created on | Updated on

最新リリース:Substance Alchemistで作業時間を短縮!

https://magazine.substance3d.com/new-release-substance-alchemist-picks-up-speed/

親愛なる友へ、

Substance Alchemistというこの刺激的なプロジェクトを最初にお見せしてから、全ての段階において我々と共にありました。 作成された機能を試して、貴重なフィードバックとコメントをいただき、しっかりとしたアーキテクチャを構築する事を手助けしていただきました。 エキサイティングなニュースをお届けできることを大変嬉しく思います。SubstanceAlchemistはベータ版を終了しました。

img02.jpg

本日よりSubstance AlchemistがSubstanceスイートの一部になり、すぐに作業時間を短縮できるようになっています。 動的な更新スケジュールと新機能の迅速な実装を引き続き考え継続していきます。

mceclip0.png

一緒に、マテリアルライブラリ作成アプリの新機能を確認しましょう。SubstanceAlchemistをまだ試していない場合は、最初のステップをサポートするために一通り見てみましょう。

加速するSubstance Alchemist

このベータ版ではないリリースを新しいルックで開始します。 Substance Alchemistで最初の一歩を踏み出すのに役立つウェルカム画面があります。 レイヤースタックは再設計され、より明確で美しくなりました。ファイルメニューを使用すると、すべてのオプションにすばやくアクセスできます。

production_02_step_03.jpg

この新しいリリースには、プロジェクト管理、Photoshop由来の画像とマテリアルのコンテンツ対応塗りつぶし(Content-Aware Fill)、Delighterの新しい改善されたバージョンなど、素敵な新機能もあります。 完全なリリースノートはこちらです。

シーンでの作業

Substance Alchemistの可能性を示すために、インテリアデザイン環境にマッチするシーンに取り組むことを考えました。 そこで、ムードボードと参照画像から始め、カラーパレットを作成しました。

mceclip1.png

数分でマテリアルを作成

Substance Alchemistを使用すると、新しいマテリアルをすばやく作成できます。 たとえば、Substance Sourceのマテリアルを使用すると、アーティストは数回クリックするだけで要素を追加できます。 組み込みのフィルターとジェネレーターを使用すると、新しいマテリアルをすぐに入手できます!

このレンガ壁の作成手順を確認してください。

これは、Substance Alchemistビューポートでの最終的な表示です。

production_01_step_04.jpg

Substance Alchemistでは、レンガの壁パターン、舗装パターン、寄木細工パターン、砂利ジェネレータ、ペイント、金属と木材の仕上げ、腐食と酸化など(その他にももっと沢山)のフィルタとジェネレータを取得できます。

しかし、それだけではありません。自分で追加およびインポートすることもできます。 これは、無限のコンテンツにアクセスできることを意味します!

画像をマテリアルに変換する

Substance Alchemistでは、写真または高解像度のスキャンから開始することもできます。 いくつかの素早い変換により、画像は写真のようにリアルなマテリアルになります! たとえば、このリネンから始めることができます。

linen16-9-1024x577.jpg

スキャンベースワークフロー用の強力な専用リソースがあります:タイリング、クローンツール、イコライザー、AIベースのDelighter(NVIDIA RTXハードウェアで加速)。 数回の操作で画像から高品質の3Dマテリアルまで、Substance Alchemistは、プロセスが可能な限り面倒ま作業がないことを保証します。 こちらの手順をご覧ください。

ライブラリ化とさらに高度な機能

マテリアルのライブラリ全体を作成する必要がある場合、Substance Alchemistの真の力が現れます。 コレクション機能を使用すると、大量のマテリアルのバリエーションをすばやく生成できます。 数回クリックするだけで、同じアートディレクション、同じフィーリング、同じムード、同じ環境を使用して、多数の同種のバリエーションを作成できます。少しずつ、参照画像とちょっとした魔法により入力が増えていきます

先ほど作成したレンガやリネンなど、わずかな材料から

render_start-1024x576.jpg

多くのマテリアルを生成できます。

そして、マテリアルのライブラリになります。

render_all-1024x576.jpg

ライブラリからプロジェクトの最終マテリアルを選択できます。

render_final-1024x576.jpg

 世界に共有する

マテリアルボードが完成したら、それを簡単にエクスポートし、クライアントやチームとすぐに判断できるように共有できます。 また、真の共同作業のために、プロジェクトファイルをインポートおよびエクスポートすることもできます。

もちろん、Substanceマテリアルはどの3Dアプリケーションでも使用できます。 たとえば、この記事で作成したこれらのマテリアルをシーンで使用できます。

scene_render_final-1024x1024.jpg

信じられないほどのコミュニティが実現!

アーティストは既にベータフェーズをサポートしており、Substance Alchemistで作成されたすばらしいアートワークのコレクションが世に出ています。 私たちにとって、Substanceコミュニティから生まれる純粋なクリエイティビティを見ることは、いつも本当に贈り物です。

mceclip0.png

私たちは、より多くの作品を見てみたいです! アートを共有してください:#substancealchemist、#createwithsubstance、または#madewithsubstanceのタグを付けます。

DiscordUserVoiceフォーラムの会話にご参加ください。

 

ベータバージョン0.8.1以前で作成されたコンテンツは、バージョン2019.1と互換性がありません。 ただし、何も失われず、バージョン0.8.1を起動してもこのデータにアクセスできます。

mceclip1.png

Substance Alchemist 2019.1リリースイメージは、Grant Wallichによって作成されました。 彼のアートについての詳細は、Behanceプロファイルをご覧ください。

 

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ