Created on | Updated on

Deadline Client のインストール [Windows OS]

■概要

Deadline Client のインストールについて説明します。

 

■はじめに

Deadline Clientのインストールの前に、あらかじめDeadline RepositoryDeadline Databaseをインストールしておく必要があります。
Deadline Repository, Databaseのインストールをしていない場合、下記ページを参考にインストールを行って下さい。

Deadline Repository のインストール [Windows OS]

 

■Deadline Client 構成

Deadline Clientは、次のアプリケーションで構成されており、インストールが完了すると下記アプリケーションが使用可能となります。

  • Launcher :
    ワークステーション上のデッドラインアプリケーションの起動ポイントとして機能し、レンダーノードでのリモート通信を容易にします。
  • Monitor :
    アーティストがジョブを監視するために使用できるオールインワンアプリケーションで、管理者はファームを監視できます。
  • Slave :
    レンダーノード上のレンダリングアプリケーションを制御します。
  • Command :
    ファームにジョブを送信し、ファームに関する情報を照会できるコマンドラインツール。
  • Pulse :
    ファーム上でメンテナンス操作を実行し、自動構成、電源管理、スレーブ調整、統計収集などのより高度な機能を管理するオプションのミニサーバーアプリケーション。 パルスを実行することを選択した場合は、1台のマシン上で実行する必要があります。
  • Balancer :
    利用可能なジョブや予算設定などに基づいてクラウドインスタンスを作成および終了できるオプションのクラウドコントローラアプリケーションです。 Balancerを実行することを選択した場合、1台のマシン上で実行する必要があります。
  • Web Service :
    ファームに関する情報のHTTP要求を処理するオプションのアプリケーション。
  • Remote Connection Server :
    デッドラインアプリケーションで使用するためにリモートリポジトリへのHTTPまたはHTTPS接続を処理するオプションのアプリケーション。
  • License Forwarder :
    第三者使用ライセンス(UBL, Usage Based Licensing)の使用時に第三者アプリケーションのライセンスサーバーとして機能するオプションのアプリケーション。

SlaveBalancerは、ライセンスを必要とするアプリーションとなりますのでご注意ください。

すべてのアプリケーションプラグイン StdoutHandler / PopupHandler / Ignorerが正しく機能するように、オペレーティングシステムの言語設定を "ENGLISH"として使用することをお勧めします。

 

■Deadline Client のインストール

Windows Client Installer(例: DeadlineClient-10.0.28.2-windows-installer.exe)をダブルクリックして、インストールプロセスを開始します。Windowsクライアントインストーラーは、追加オプションを使用したサイレントインストールもサポートしています。

 

  1.  
    1.png
    Deadline Clientのインストーラーを実行するとインストールウィザードが表示されます。
    [Next]
    をクリックし進めます。
  2.  
    2.png
    ライセンス規約に同意後、I accept the agreement を選択して次に進みます。
  3.  
    3.pngDeadline Clientのインストールディレクトリを指定し、次へ進みます。
    なお、Deadline Clientはデフォルトで下記パスにインストールされます。
    C:\Program Files\Thinkbox\Deadline10
  4.  
    4.png
    クライアントインストールの一環として、現在のマシンをRemote Connection Serverとして構成することも可能です。Remote Connection Serverを構成することにより、他の(リモート)クライアントがこのマシンを通じてDeadline Repositoryに接続することができます。 一般的に、この機能は必須ではなく、構成のオプション部分になります。コンポーネント選択画面でDeadline Remote Connection Setupにチェックを入れ、明示的に選択する必要があります。

  5.  
    5.pngDeadline Repositoryへの接続方法(Connection Type)を選択します。

    Repository: ファイルシステムを使用してDeadline Repositoryへ直接接続します
    Remote Server: HTTP(s)を使用してDeadline Repositoryへ接続します

    Remote ServerDeadline Repositoryへ接続を行う場合、Remote Connection Serverをセットアップする必要があります。
  6. 手順5で Connection Type: Repository を選択時
    1.  
      6a.pngDeadline Repositoryへの共有パスを指定します。

      インストールウィザードでドライブマッピングを使用してDeadline Repositoryの共有パスへ参照ができない場合は、Windows UACの設定が原因である可能性があります。基本的に、現在ログインしているユーザがネットワークドライブを設定している場合でも、 あなたは技術的に別のユーザーであるため、この設定は昇格した範囲では利用できません。これはOSによって処理されるものになるため、Deadline側では何もできません。
      回避策としてUNCパスを選択するだけで、ドライブがアクセス権の高いユーザーアカウント(たとえばローカル管理者)としてシステムにログオンしてから、クライアントインストールウィザードを実行することができます。
      このオプションは、接続タイプがリポジトリの場合にのみ使用できます。
    2.  
      6b.png

      Deadline DatabaseのSSL認証の設定を確認します。

      Database SSL Certificate:
      データベースへの接続する際に使用するSSL クライアント証明書へのパスを指定します。
      事前にDeadline Repositoryの管理者にクライアント証明書を配布してもらい、インストールマシンの任意のフォルダに保存して下さい。
      なお、デフォルトでは、Deadline Databaseのインストールフォルダの certs フォルダにクライアント証明書は作成されます。
      C:\DeadlineDatabase10\certs
      データベースのSSL認証が有効でない場合、空白のまま進めます。

      SSL Certificate Password:
      データベースのSSL証明書のパスワードを入力します。
      証明書にパスワードを設定していない場合は、空白のまま進めます。

      上記設定の入力が完了したら、[Next >]をクリックしてセットアップを進めます。
  7. 手順5で Connection Type: Remote Server を選択時
    1.  
      7a.png
      Remote Connection ServerがインストールされているマシンのIPアドレスまたはホスト名を入力します。
      ポート番号は、Remote Connection Serverをインストールされた際に指定したポート番号を使用して下さい。
    2.  
      7b.png
      Client Certificate:
      Remote Connection Serverに接続する際にTLSを使用するように設定している場合、作成したSSL証明書のパスを入力します。

      Certificate Password:
      指定したSSL証明書のパスワードを入力します。
      SSL証明書のパスワードを設定していない場合、空白のままにします。
  8.  
    8.png
    Deadlineの使用するライセンスを選択します。

    Standard:
    Deadlineの永久ライセンスを使用する場合は、このオプションを選択します。

    Usage Based:
    Usage Based Licensingを使用する場合は、このオプションを選択します。
    ※ Usage Based Licensing: オンプレミスおよびクラウドベースのレンダリングノードの両方で動作するように導入されたオンデマンドライセンスモデル(時間ライセンス)

    License Free:
    2Slaveまで使用可能なライセンスフリーモードで、試用目的やライセンス情報を後から入力する際にこのオプションを選択します。

  9.  
    9.png
    License ModeでStandardを選択すると、ライセンスサーバーの情報を入力する必要があります。
    ライセンスサーバーの指定は、@SERVERの形式にする必要があります。SERVERは、ライセンスサーバーが実行されているマシンのホスト名またはIPアドレスです。特定のポートを使用するようにライセンスサーバーを設定した場合は、Port@SERVERの形式でライセンスサーバーを指定します。
    入力例:
    @lic-server
    27008@lic-server
  10.  
    10.png
    Deadline Launcherの設定を行います。

    Launch Slave When Launcher Starts:
    有効にすると、マシン起動時にDeadline Slaveが起動し、すぐにDeadlineのレンダリングマシンとして参加するようになります。

    Install Launcher As A Service:
    有効にすると、Deadline Launcherがサービスとしてインストールされます。サービスはネットワークにアクセスの可能なアカウントで実行する必要があります。

  11. Remote Connection Server のインストール設定(手順4のオプション選択時)
    手順4で現在のマシンをRemote Connection Server として構成するオプションを選択している場合、Remote Connection Serverの設定をします。
    rcs_1.png
    Windows User/Group Name:
    Remote Connections Serverを実行するユーザーもしくはユーザーグループを指定します。
    指定したユーザー(もしくはユーザーグループ)の権限がRemote Connection Serverに必要なファイルの初期権限となります。また、Windowsの場合、HTTPS.SYS URL Reservationに指定したユーザー(もしくはユーザーグループ)が追加されます。

    Port:
    Remote Connection ServerがHTTPリクエストを待ち受けするためのポートを指定します。
    Windowsの場合、インストーラーによって作成されたHTTP.SYS URL Reservationに指定したポートが追加されます。

    Enable TLS(HTTPS):
    有効にしている場合、Remote Connection Serverは
  12. Remote Connection Server のインストール設定(手順4のオプション選択時)
    rcs_2.png


  13. Remote Connection Server のインストール設定(手順4のオプション選択)
    rcs_3.png

  14.  
    after_rcs_11.png
    インストールの準備が出来ましたので、[Next]を押してインストールを開始します。
  15.  
    end_12.png
    インストールが完了しましたので、[Finish]を押してインストーラーを終了させます。

 

 

 

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ