Created on | Updated on

TOP Deadline scheduler nodeが更新されました(Houdini 17.5.362)

原文 https://www.sidefx.com/forum/topic/68498/

17.5.362以降に更新してください。

TOP Deadlineスケジューラは、スケジューリング動作とUXの両方の点で重要な更新を行っています。

最も重要な変更は、DeadlineスケジューラノードがPDGグラフ内の各ワークアイテムを単一のDeadline Jobの下でDeadline Taskとしてスケジュールするようになったことです。 これにより、「ジョブのノイズ」が減少し、多数のワークアイテムを処理するときのパフォーマンスが向上します。

別の変更は、おそらく直接ユーザーの懸念ではないかもしれませんが、PDGDeadlineと呼ばれる新しいDeadlineプラグインの使用です。 以前は、デフォルトのDeadline CommandLineプラグインがPDGクックに使用されていましたが、使用が制限されていました。 この新しいプラグインにより、各タスクの設定と管理をより細かく制御できます。 プラグインはHoudiniに同梱されており、各クックに使用されるジョブディレクトリにコピーされます。

UIは、初期設定を減らして機能させるために、大幅な変更も加えています。 ただし、スケジューラのカスタマイズは引き続き可能ですが、新しい[Advanced]セクションのオーバーライドトグルの背後に隠れています。

Scheduler UI セクションの場合:

mceclip3.png

Working Directoryは、必要に応じて変数を使用して、絶対パスを使用するように簡素化されます。 すべてのスレーブがローカルマシンと同じ共有パスを持つ共通のファーム設定がある場合、Local Shared Pathでパスを直接指定できます。それ以外の場合は、Remote Shared Pathをオンにして、スレーブで解決されるDeadlineのMapped Pathsにマップできる変数ベースのパスを指定できます。 これは、混合ファームのセットアップ(Windows、Mac、Linuxスレーブなど)で必要です。

mceclip4.png

Machine Limit、Machine List、およびBlacklist jobパラメーターが追加されました。

mceclip2.png

新しいDeadlineセクションが追加されました。ほとんどの場合、心配する必要はありません。 しかし、いくつかの点で便利です。

Verbose Logging - 詳細ログ-これをオンにすると、クック中に発生しているすべてのログがプリントされます。 問題のデバッグに非常に役立ちます。 問題があり、バグレポートを送信する場合は、この詳細なログアウトをファイルにコピーして添付してください。 オンの場合、これを自動的に行うことを考えています。

PDGMQ Server As Task -少し高度な機能ですが、ソケットエラーの故障が発生した場合は、これを有効にすると役立つ場合があります。 バックグラウンドプロセスとしてではなく、独自のタスクとして新しいタスクトラッカー(PDGMQサーバー)を実行します。

Force Reload Plugin - PDGMQ Server As Taskも無効になっている場合、このDeadlineジョブパラメータは無効になります。 これは、PDGMQサーバーをバックグラウンドプロセスとして実行する場合に実行できないタスク間のスレートをクリーンにすることを目的としています。

Advanced Section:何をしているかわからない限り、ここで何も変更しないでください。

Task Submit Batch Max -一度に送信するアイテムの数(各tick更新で)。 多数のワークアイテムがあり、より高速なスケジューリングと応答性の低いUIが必要な場合、これで試すことができます。

Repository - 複数のDeadlineリポジトリがあり、システム以外のデフォルトのリポジトリを指定する場合は、ここで設定します。

PDG Deadline Plugin - スケジューラーは、PDGクックプロセス用に作成されたカスタムの新しいDeadlineプラグインを使用します。 予想される動作にも適合する独自のプラグインを作成した場合にのみ、これを変更してください。 現時点ではこれをサポートするドキュメントがないため、これを行う場合はサポート経由でご連絡ください。

mceclip5.png

Job Parmsセクションの場合:

mceclip6.png

HFSは、すべてのスレーブが使用するHoudiniインストールを指す必要があります。 繰り返しますが、ローカルマシンがスレーブと同じ単純なセットアップの場合は、単に$ HFSのままにしておくことができます。ただし、異なるHoudiniインストールパスを使用するスレーブがある場合、DeadlineのMapped Pathsを介してマッピングできる変数をここで指定する必要があります。たとえば、HFS=\$HFS(\に注意)を設定し、 Mapped Pathsに$HFS=マッピングを適用できます。 \は、$ HFSのHoudini評価をエスケープするために使用されます。

同様に、Pythonの場合、デフォルトではシステムpythonが使用されます。 \$PDG_EXEは、PDGDeadlineプラグインによって自動的に評価され、Windowsでは.exeに置き換えられ、他のプラットフォームでは削除されます。 Deadlineには、Windowsで実行可能な.exe拡張子が必要です。 別のPythonパスを指定する場合、Windowsベースのスレーブを使用している場合は、\$PDG_EXEを保持する必要があります。

Hythonフィールドが削除されていることに注意してください。 PDGDeadlineプラグインは、$HFS (Linuxの場合は$ HFS / bin / hythonなど)から定式化することにより、スレーブ上で評価します。

mceclip0.png

各タスクの前後に実行される新しいPre Task ScriptとPost Task Scriptを追加しました。

mceclip1.png

ワークアイテムがローカル環境を継承し、HOUDINI_MAXTHREADSを設定し、ワークアイテム固有の環境値を追加できるようにします。

その他の新機能と変更点:

  • Submit Graph As Jobがサポートされるようになりました。これにより、hipファイルをファームでクックしてHoudiniを終了することができます。
  • Deadline Job 名の指定を可能にするJob Nameパラメーターを追加しました。
  • パフォーマンスとエラー処理の改善。
  •  Task Info > Show Logを介した正しいタスクレポートファイルの表示を修正しました。
  • シェルコマンドの実行が修正されました。
  • deadline_jobpreload.pyスクリプトを実行する必要がなくなったため削除しました。

以前のバージョンでは、多数のワークアイテムで問題が発生していましたが、このアップデートでは数十万のワークアイテムが処理されます。

ヘルプページは次の変更で更新されました:https://www.sidefx.com/ja/docs/houdini/nodes/top/deadlinescheduler.html

既知の問題点:

グラフで複数のTOP Deadlineスケジューラを使用する場合、現在の制限があります。 次に、この改善を検討します。

混合OSファームを使用する場合(またはHFSパスに変数を使用する場合)、PDGDeadlineプラグインが見つからないためにスレーブがエラーになる場合があります。 これは、Deadlineが修正するはずのDeadlineバグです(バグは、プラグインを探す前に、Mapped Pathsを介してカスタムプラグインのディレクトリパスが評価されないことです)。 今のところ、回避策は、PDGDeadlineフォルダー全体(($HFS/houdini/pdg/plugins/PDGDeadlinee)をDeadlineリポジトリーのカスタムプラグインフォルダー($repo/custom/plugin/PDGDeadline)にコピーすることです。これを変更する場合は、プラグインが変更された場合に備えて、Houdiniの新しいバージョンをインストールするときに、この部分も必ず更新してください。迷惑なことですが、それが現実問題になったら、これを改善することを検討できます。

いつものように、フィードバックは常に可能です。または、問題に遭遇した場合はバグチケットを送信してください。

 

 

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ