Created on | Updated on

システム要件

サポートされているオペレーティングシステム

mceclip0.png

注 

  • 快適な環境で作業するために、1メガピクセルを超え、1280ピクセルを超える解像度のモニターをお勧めします。
  • 2019.x以上のバージョンのみ、MacOS 10.15(Catalina)で動作するように公証されています。
  • CentOS 7.5以降では、ライブラリの依存関係の問題(FT_Get_Font_Formatエラー)により、アプリケーションが起動しない場合があります。システムをアップデートするか、以下のライブラリをインストールすることをお勧めします。
  • OpenGL 3.3のコンテキストが利用可能であれば、リモートデスクトップ接続が可能です。Nvidia Quadroでは動作しますが、Nvidia GeForceではOpenGL 1.4のコンテキストしか提供していないため、動作しません。これが問題となる場合は、VNC/Teamviewerなどの代替ソリューションを使用することをお勧めします。
  • Steam 版のユーザーは、アクティブ時にパフォーマンスの問題が発生する可能性があるため、Substance Designer 用の Steam オーバーレイを無効にしてください。

サポートされているGPU

以下は、アプリケーションと互換性のあるGPUのリストです。

  • インテル HD 5000 / IRis Pro 6200以上
  • NVIDIA GeForce GTX 600以上
  • NVIDIA Quadro K2000以上
  • AMD Radeon HD 7000以上
  • AMD Radeon Pro WX-serie / Pro Duo以上
  • AMD FirePro Wシリーズ/FirePro Sシリーズ以上

    • 統合GPUは推奨されません
    • Mac:公式のApple構成のみがサポートされています(デフォルトのGPUおよびAppleドライバー)
    • Mac:Nvidia Irayレンダラーでは、GPUを使用するためにCUDAドライバーが必要です(OSX 10.11以降)

最低限のGPUドライバーバージョン

以下は、アプリケーションを正常に実行するために必要な最小のGPUドライバーバージョンのリストです。 このリストは、新しいバージョンがリリースされると変更される場合があります。

新しいドライバをダウンロードするには、以下を参照してください。GPUで古いドライバを使用している。

mceclip0.png

注 Mac OSでは、GPUドライバーはオペレーティングシステム自体によって提供されます。 OSの最新バージョンに更新して、最新のドライバーにアクセスします。

 

ベイク用のGPUレイトレーシング

OptixまたはDXRを介してGPUレイトレーシングを有効にするには、上記の推奨ドライバーをインストールする必要があります。

DXRには次の最小構成が必要です:

  • Windows 10 version 1809, 詳細については、このページを参照してください
  • GPU with Pascal architecture (Nvidia GeForce 10XX)

GPUレイトレーシングは、NVIDIA GeForce RTXやNVIDIA Quadro RTX GPUなどの専用レイトレーシングハードウェア上で最適に動作します。

 

タブレットの使用

Windows のタブレットユーザーは、次のページに記載されている設定を適用することで、Substance Designer で最も信頼性の高い操作を行うことができます。ペンとタブレットの構成

 

 

 

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ