Created on | Updated on
フォローする

「Maya のしくみ ~ 基礎から学ぶ DG とパラレル評価、そしてキャッシュプレイバック ~」セミナー動画

2019月7月11日(木)に開催いたしました「タイトルなしMaya のしくみ ~ 基礎から学ぶ DG とパラレル評価、そしてキャッシュプレイバック ~」のセミナー動画となります。

本セミナーの資料は下記よりご覧いただくことが可能です。

「Maya のしくみ ~ 基礎から学ぶ DG とパラレル評価、そしてキャッシュプレイバック ~」セミナー資料のダウンロード

 

mceclip0.png

Maya は、2016 からシーンのパラレル評価が導入され、アニメーションプレイバックが高速になりました!
2019 では、キャッシュプレイバック機能も追加され、さらに高速になりました!!

そして、Viewport 2.0 も駆使すればもっと高速になり、ついに 2018 では旧式のビューポートが廃止されました!

さて、問題は、あなたのリグがちゃんと速く動くかどうかです。

2016 で追加された評価マネージャーは、シーンのパラレル評価を担う新しいしくみで、2019 のキャッシュプレイバックもその上で動いています。

Maya には、まず、核となるしくみである DG (ディペンデンシーグラフ)があり、評価マネージャーは、古い DG のしくみを維持しながらその上に構築されました。DGは廃止されたわけではなく、2種類の評価形式が状況に応じて切り替わりながら動作していますので、そのしくみはとても複雑なものになっています。また、現在進行形で進化しており、バージョンアップのたびにバグが修正されたり新しいフィーチャーが追加されたりもしています。そのため、有効活用するには、それなりの知識が必要になります。

このセミナーでは、Maya のシーン評価のしくみについて、API の話も交えて基礎から徹底解説します。

講師自身も1Mayaユーザーとして、自身のリグやプラグインを、パラレルやキャッシュ、そして Viewport 2.0に対応させた経験から得た知見を散りばめてお話します。

※動画の視聴にはパスワードが必要です。
※パスワードは弊社とAutodesk Maya/3DS Maxを含む製品をご契約頂いているお客様に配信しております。

パート1

 

パート2

 

パート3