Created on | Updated on

ビューポートにTangentU,V、Normalをまとめて表示するには?

CopyやSweepなどを使用する際に必要となるベクトル、NormalやTangentU,VをVisualizeを使用してまとめて表示することも可能です。

mceclip0.png

カーブにPolyframeを設定します。

mceclip1.png

N、tangentu、tangentvが適用されました。

mceclip2.png

Visualizeノードを接続します。

mceclip3.png

Visualizeノードのパラメーターにて、下記のように指定します。
StyleをAxesとすることで、tangetu tangenv N と3つのベクトルを指定することができます。
Length Scaleは表示するマーカーの長さですので、見やすいように調整してください。

mceclip4.png

これによりビューポートで下記のように表示することができます。

mceclip5.png

下記のようにカーブに沿って配置する際にVisualizeノードを使用して方向を確認できると便利です!

mceclip6.png

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ