Created on | Updated on

SUBSTANCE PAINTER SPRING 2019:すべてのアーティストに向けた大規模なアップデート!

01.PNG

 

お掛けください。このSpringリリースには、新しくてエキサイティングな機能が満載です。実用的なもの、目を楽しませるもの、そしてなくなっていくものもあります。

 

ディスプレイスメントとテセレーション

Substance Dayイベントで数年前にこれのハック的なプロトタイプを見せていたのを覚えている人がいるかもしれません。ついに本当にリリースです。これで、ビューポートとIrayの両方でテセレーションとディスプレイスメントを楽しむことができます。ディスプレイスメントマップをインポートして新しく詳細に設定されたシルエットに注目するか、Heightチャンネルにペイントして文字通りリアルタイムでアセットを彫刻することも可能です。

マスクエフェクトの比較

ディスプレイスメントは素晴らしい機能です。しかし、Heightデータを使用してマテリアルを簡単にブレンドやレイヤー化する方法についてはいかがでしょうか?新しいCompare Maskエフェクトはそれ以上の事を行うことができます。

この新しいマスクエフェクトを使用すると、PhotoshopのBlend-if関数と同様に、現在のレイヤーの内容とその下のレイヤースタックの内容とを比較してブレンドできます。 最新のSeamless Materialサンプルプロジェクトと組み合わせることで、タイル用環境マテリアルをすばやく作成できます。

Compare Maskは、Heightブレンドを素早く作成するのに便利ですが、それだけではありません。 テクスチャセット内の他のチャンネルとも連携します。

Dynamicストローク

この機能は最高です。 ダイナミックストロークは、Substanceパラメータに基づいてプロシージャルブラシストロークを生成する方法を導入します。 ブラシは時間の経過とともに進化し、ランダムにアルファをスワップしたり、さらには各スタンプでまったく新しいマテリアルを生成することも可能です。

 

これがどのように機能するかというと、全てのSubstanceファイルをペイント時にマテリアルまたはアルファとして使用できるということです。各スタンプがペイントされると、それに応じて反応を起こします。

簡単な例は、新しいスタンプごとに固有の形状を生成するグランジアルファで、各ストロークを完全にユニークにします。

ブラシは時間依存で、フェードアウト、色の変更、モーフィング、多種多様な素晴らしい変更も可能です。ペイント後、経過した時間に基づいています。

ちょっとした創造性、Substance Designerっぽい操作、そして多くの楽しみがあれば、次のようなことができます。

さらに進化し、これらすべての機能を1つにまとめることができます。このIvyジェネレータでは、ストロークパスに沿って固有の分岐が生成され、左右に分岐し、連続する各分岐がストローク速度に基づいて前の分岐より小さくなります。

新しいバージョンのSubstance Painterには、ダイナミックなストロークを利用した一連の新しいツールが付属しています。また、ドキュメントをチェックして、Substance Designerで独自のツールを作成することもできます。 Wes McDermottによるチュートリアルもこちらで確認することが可能です。 私たちはみなさんがどんなクレイジーな行動を思いつくかを見せていただくことを楽しみにしております!

 

新しい投影モード

これまで、Substance Painterは古くからあるUV投影法と塗りつぶしレイヤ用のTriplanar投影法のどちらかを選択してきました。2つの新しい投影モードが追加されたばかりですが、さらに進化中です。

このバージョンではレイヤーに球面投影と平面投影を選択できるようになりました。 平面投影では、塗りつぶしレイヤがデカールとして機能し、いくつかのオプションを使用すると、タイリングだけでなく、デカールがジオメトリに与える影響も調整できます。

新しい配置ギズモを使用すると、デカールをアセットの周りで簡単に移動できます。ドラッグするだけでメッシュのサーフェスに自動的にスナップします。

平面投影には、ジオメトリに合わせて適切にフェードするカリング設定があります。

barrel_painter_logo_planar_optim.gif

球面投影は、複雑な設定で特定のパターンを追加するのに役立ちます。

 

放射状シンメトリ

Symmetryツールはまったく新しいRadialオプションにて改善されました。

 

レイヤスタックとその他UXの改善

Substance Painterのリリースは、UIの調整なしに終わることはできません。そして今回はLayer Stack、Texture Setリスト、ChannelsリストがUXチームの手に渡りました。

レイヤスタックの下にあるたくさんの目のアイコンに気付くでしょう。これらは、PhotoshopからSubstance Painterに移行する一連の取り組みの最初の段階で、両方のツール間のギャップを埋め、ユーザーエクスペリエンスを統一します。この取り組みが前進するにつれて、より有意義で興味深い相乗効果を見るでしょう。

layer_stack.png

 

Texture Setリストも少し変更があり、一度に複数のTexture Setを選択できるようになりました。なぜ?と聞きたいかもしれません。[テクスチャセット設定]ウィンドウに移動して、その理由をご確認下さい...その通り!一度に複数のテクスチャセットの設定を変更できるようになりました。UVタイルを使用するアーティストの苦労が減るでしょう。

最後に、最も重要なこととして、[プロパティ]ウィンドウの[チャンネル]リストに、小さくても間違いなく歓迎されるような追加が行われています。

 

ディザリングの上書き

エクスポートされた法線マップのディザリングは昨年末に導入され、多くのユーザーより上書きオプションのリクエストいただき追加いたしました。

 

新しいコンテンツ

最後に、新しいダイナミックストロークツールの上に、一連の新しいエフェクト、アルファ、およびフィルタがあります。 リリースノートに新しいアセットの完全なリストがあります。

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ