Created on | Updated on

レイヤー管理(パフォーマンスガイドライン)

グラフの大本でノードを微調整したときのSubstance Designerのように、レイヤスタック内の他のレイヤの下にあるレイヤにペイントすると、パフォーマンスに大きな影響を与える可能性があります。

グラフの大本でノードを微調整したときのSubstance Designerのように、レイヤスタック内の他のレイヤの下にあるレイヤにペイントすると、パフォーマンスに大きな影響を与える可能性があります。
  下にあるレイヤーを変更することで、単純に階層の最上位のレイヤーを計算することになります。 これに対する解決策は、現在作業中のレイヤーの上にあるレイヤーを隠すことです(一時的に)。 その後ペイントが終わったら再度表示します。これにより上のレイヤーの計算は一度だけ行われ、各ブラシストロークの間は行われません。
 
ブレンドモードを「Normal」に設定して、上記のすべてのレイヤーを1つのグループにまとめることもできます。 そうすることで、エンジンでレイヤー/グループを個別に計算することを避けられます。 Substance Painterエンジンは、計算する必要があるかどうかを判断するために複数のアルゴリズムを使用しますが、手動でレイヤをグループ化すると、最終的に便利です。

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ