フォローする

PBRガイド by Allegorithmic – vol. 1(日本語)

■ 説明

AllegorithmicよりCOMPREHENSIVE PBR GUIDE Vol.1がリリースされました。
http://www.allegorithmic.com/pbr-guide

下記より日本語化した資料をダウンロード頂くことが可能です。
http://www.borndigital.co.jp/Downloads/SD/sample/PBR_Guide_Vol.1_J.zip

本資料は弊社よりAllegorithmic製品をご購入頂いた方のための資料となります。二次利用、複製、頒布、販売、公表、またはそれに準ずる行為を禁止とさせていただきます。

■ 補足

grazing incidence
http://en.wikipedia.org/wiki/Angle_of_incidence

表面にほぼ平行である光線を扱う場合には、光線とサーフェス法線間の角度より、むしろ光線とサーフェス間の角度を参照すること、いいかえると入射角より90度引いた角度、が役立つ場合が多々ある。

この小さな角度が、グレーシング角またはグレージング各と呼ばれる。グレージング角での入射は、「grazing incidence(グレージング入射)と呼ばれる」

Helmholtz reciprocity
http://en.wikipedia.org/wiki/Helmholtz_reciprocity

ヘルムホルツの相反原理は、どのように光線とその逆光線の遭遇が反射や屈折そして関与媒体や界面での吸収のような光の冒険にマッチしていたかを記述します。移動や、非線形、磁気媒体には適用されません。

例えば、受信および送信された光は、双方向反射率分布関数(BRDF)結果に影響を与えることなく、互いの反転とみなすことができます。もし光がセンサーで測定され、その光が、ヘルムホルツの相互定理を守るBRDFによってマテリアル上で反射する場合、センサーと光を交換することができ、その流測定は等しくあり続けます。

グローバルイルミネーションの大きなスキームでは、グローバルイルミネーションアルゴリズムは(例えば、古典的なライトパストレーシングに対するレイトレーシング)光路を逆にした場合、ヘルムホルツの相反定理が重要です。

 

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。