フォローする

FumeFX for Maya3.5 インストーラーダウンロード(パスワード有)

ダウンロードリンク

ダウンロードにはログインID、パスワードが必要です。
ボーンデジタルよりご購入頂いたお客様には、商品納品時にお送りした「シリアルナンバーのご案内」に記載しております。
不明な場合は、support@borndigital.co.jpまでご連絡ください。

ダウンロードサイト

https://cargo.borndigital.jp

上記サイトにログイン後、FumeFX for Maya → Installers → 3.5 へ移動してインストーラのダウンロードを行って下さい。

チェンジリスト

What’s new in FumeFX[maya] 3.5.8

-長い名前のエフェクターが動作しない問題及びに似通った名前の扱いに関連した問題の修正

What’s new in FumeFX[maya] 3.5.7

- 長時間のシミュレーション中にランダムにクラッシュする問題を修正
- Maya2016に対応
- Arnold 4.2.6.1/MtoA 1.2.2.0シェーダーの著しい速度向上

What’s new in FumeFX[maya] 3.5.6

- Maya 2015 Extension1 ServicePack5 に対応
- Windows版においてGPUプレビューウィンドウを開く際にクラッシュする不具合を修正
- Mental rayでのレンダリング時の 炎/煙の位置がずれてしまう問題を修正

What’s new in FumeFX[maya] 3.5.5

- Maya 2012以上でNamespaceをサポート
- デフォーマーがない場合にRenderWarpのベイクがクラッシュする問題を修正
- デフォーマー設定無しでRenderWarpsベイク時にPostシミュレーションで空のキャッシュが作成される問題を修正
- ParticleControllerにて、オフにした後、オンにすると設定値が消失する問題を修正
- エクスプレッションが設定されているとFumeFXエフェクターの「active」パラメーターが動作しない問題を修正
- FumeFX Object SourceとObject Collisionノードに同じオブジェクトを無制限に追加できます。
- FumeFX Particle Sourceにエクスプレッションを作成するとデッドロックが発生する問題を修正
- Particle Sourceを用いたシーンでクラッシュする場合がありましたが、修正されました。
- Substep使用時に、CollisionとObject Sourceに速度の計算ミスがありましたが修正されました。
- FumeFX Particle Sourceに無限ループ
- キャッシュ名変更後にFumeFXがシミュレーションできない問題が修正されました。
- 未選択のFumeFXグリッド上でフレーム変更後、選択しても、キャッシュがロードされない問題が修正されました。
- アダプティブグリッドと保存されたキャッシュのロードに関する問題を修正
- MELがフルノードネームパスを使用
- Crash when creating object source from deformed poly.デフォームされたポリゴンからオブジェクトソースを作成した場合にクラッシュする問題が修正されました。
- FumeFXについてオプションボックスにArnold Shaderのオーサライズが追加されました。
- 初回シミュレーションがSubstepを追加して実行した異なるシミュレーションと異なる問題が修正されました。
- mentalray レンダリングがステレオカメラで発生していた問題が修正されました。
- FumeFXが原点とグリッドの境界から離れている場合の問題を修正
- N-Sim Syncが予想通りに動作しない問題を修正

What’s new in FumeFX[maya] 3.5.4

- Deadlineサポート.
- Viewport 2.0 (OpenGL only!) support for Maya 2013, 2014 2015.
- プレビューウィンドウレンダリングは、ビューポートでの表示が有効になるまで、シェーダーパラメータの変更をアップデートしません。

What’s new in FumeFX[maya] 3.5.3

- MELとPythonをサポート
- VRay shaderをサポート
- mental ray Camera Depth及び 2D Motion Vector Render Passをサポート
- FumeFX-VRay shaderは、ユーザーワークステーション上でのローカルレンダリングに関しては無償です。ネットワークレンダリングに対しては、追加のFumeFX-VRay shaderライセンスをご購入頂く必要がございますのでご注意ください。VRay shader for FumeFX[maya]を使用するには、FumeFX[maya] 3.5.3とVRay 2.45.01が必要です。 上記以外のバージョンではサポートされておりませんのでご注意ください。

 

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。