フォローする

Bitmap2Material ダウンロード&インストール

■ ダウンロード

Substance Designerを弊社よりご購入頂くとAlleogrithmic社より以下のメールが届きます。
※以前にAllegorithmicから同じメールアドレスで登録した場合、または既にAllegorithmicウェブサイトにてアカウントを作成しているには、アカウントメールは届きません。
お持ちのアカウントを使用してログインしてください。

件名:Allegorithmic – An administrator created an account for you at Allegorithmic

001

このメール内に記述されたmail addresとpasswordが必要となります。
このメールは必ず保存しておきます。

次に下記サイトにアクセスします。

http://www.allegorithmic.com/user

下記の画面が開きます。

先程のメールに記載されていたメールアドレスとパスワードを使用して、ログインします。
下記の画面が表示されます。

上記の画像を参照に「Click here to view your file downloads」をクリックします。

ダウンロードページに移動し、下記の画面が表示されます。

ダウンロードを行いたい製品を名をクリックし、ダウンロードを行います。
ここにはご購入された製品全てが表示されます。

■ インストール

ダウンロードしたインストーラーをダブルクリックし、インストールを開始します。

下記の画面が表示された場合、「実行」をクリックします。
下記の画像に従い、インストールを行います。
※PlayerはSubstaneを確認する無料のスタンドアロンツールです。

インストールする場所を指定します。
標準では以下の場所にインストールされます。
C:\Users\ログインアカウント名\Documents\Substances\Filters\Bitmap2Material 2

インストールが完了するまで待ちます。

インストール中に使用言語の確認ウィンドウが表示されます。
EnglishかChineaseを選択する事が可能です。
次にSubstancePlayerのインストール画面が表示されます。
既にSubstancePlayerがインストールされている場合は、ここで終了しても問題ありません。

SubstancePlayerのインストール場所を指定します。
先程のB2M本体のインストール場所と間違えないようにしてください。
インストールが完了するまで待ちます。

インストール完了です。

■ Bitmap2MaterialをSubstancePlayerにロードする

SubstancePlayerを起動します。

初回起動時にSubstancePlayerで描画に使用するエンジンを選択します。
SSE2はCPUで計算すします。
SubstancePlayerの初回起動時にはロード可能なSubstanceが表示されます。
ここにBitmap2Material2の表示がある場合にはクリックします。
Bitmap2MaterialがSubstancePlayerで開きます。

Substance Player左上にロードされたSubstanceファイル名が表示されます。
ここがBitmap2Material_2.sbsarとなっていることをご確認下さい。
Traialという文字が付いていると体験版のB2Mがロードされています。
この場合は次の手順でBitmap2Material製品版を開きます。

SubstancePlayerメニューの「File > Open」を選択します。

開いたブラウザで先程指定したインストールディレクトリに保存されている「Bitmap2Material_2.sbsar」を開きます。
標準のインストール先:C:\Users\ログインアカウント名\Documents\Substances\Filters\Bitmap2Material 2\Bitmap2Material_2.sbsar

Bitmap2Materialが開きます。

 

■ Bitmap2Materialアトリビュート

SPECS

アプリケーション Version
Substance Player 全てのバージョン
Unity 3D 3.4以上
Autodesk Maya 2012以上
Autodesk 3ds Max 2012以上

パラメーター

GLOBAL  
Random Seed スプラットのタイリング方式を使用した場合、パッチの位置をランダム化します。
MakeItTile Method シームレスなテクスチャタイルを作り、異なる3つの設定を選択できます。(オフセット、スプラット、タイリングなし)
Offset Tiling オフセットタイルメソッドを使用している場合、タイルのオプションを設定します。
Offset Tiling Precision 元の画像とオフセットされた領域間の変化をどのぐらいシャープにするかを設定します。
Splat Angle Random スプラットのタイリング方式を使用している場合、それぞれのテクスチャパッチの角度をランダム化します。
Depth Balance ハイトマップバンプの内側または外側を歪めます

 

DIFFUSE  
Sharpen ディフューズ出力をシャープにします。
Color Neutralize 多くの中間色を得るためにディフューズカラーを修正します。
HUE - new - ディフューズマップの色相を変更します。
Saturation - new - ディフューズマップの彩度を変更します。
Brightness - new - ディフューズマップの明るさを変更します。
Contrast - new - ディフューズマップのコントラストを変更します。

 

RELIEF  
Output Normal Format DirectXとOpenGL間でのノーマルマップフォーマットを選択します。
Secondary Relief Type 二次入力がハイトマップまたはノーマルマップかどうかの設定をします。
Secondary Relief Normal Format 二次レリーフマップのフォーマットを設定します。
Secondary Relief Blending 二次レリーフ入力のブレンドモードを設定します。
Secondary Relief Intensity 二次レリーフマップの強さを設定します。
Normal Strength ノーマルマップ出力の強さを制御します。
Relief Equalizer レリーフマップに応じてノーマルマップとハイトマップを「スムース/シャープ」にします。
Pinch Intensity ハイトマップとノーマルマップのエッジをシャープにします。
Normal Sharpen ノーマルマップとハイトマップをシャープにします。
Normal Soften ノーマルマップとハイトマップをぼかします。
Height Map Balance テッセレーションレートの機能で、ハイトマップからDisplacememntとNormal/Bumpマップへの配分データ

 

SHAPE RECOGNITION  
Recognition Intensity 既存のノーマルマップの上に低周波形状を作成し、デプスを追加します。これはノーマルマップ出力だけに影響します。
Recognition Angle 形状認識のエフェクトを駆動する優性角度を設定します。より良い結果を得るために、テクスチャの照明方向を設定します。
Normal Shape Recognition - new - ノーマルマップに形状認識を適用します。
Height Shape Recognition - new - ハイトマップに形状認識を適用します。
AO Shape Recognition - new - AOマップに形状認識を適用します。

 

SPECULAR  
Specular Diffuse Influence ディフューズカラーと輝度がスペキュラー出力にどのように影響するかを設定します。
Specular Saturation スペキュラー出力の彩度を調整します。
Specular Sharpen スペキュラー出力をシャープにします。
Specular Levels In & Out スペキュラーマップのレベルを制御します。

 

AMBIENT OCCLUSION  
AO Multiply ディフューズ出力にアンビエントオクルージョン をブレンドします。
AO Spread アンビエントオクルージョンの拡散距離を設定します。
AO Light Strenght AOをディレクショナルライトからの影に変換する仮想ライトを設定します。
AO Light Distance 仮想ライトの距離を設定します。
AO Light Angle 仮想ライトの方向を設定します。

 

CURVATURE  
Curvature in diffuse - new - 曲率データとディフューズのエッジをシャープにします。
Curvature denoise - new - 曲率データからノイズやディティールを削除します。

 

LIGHTING  
Light Equalizer テクスチャの低周波輝度変化を極力同じにします。
Highlights Cancel ディフューズマップ上のハイライトを柔らかくします。
Shadows Cancel ディフューズマップ上の暗い影の明るさを増やします。
Diffuse to albedo - new - テクスチャからライティング情報を削除します。

 

GRUNGE  
Grunge Input - new - 埋め込まれたグランジ(汚し)マップからディティールを追加。
Grunge Map Balance - new - グランジ(汚し)マップの明るい部分と暗い部分のトーンバランスを設定します。
Grunge Map Contrast - new - グランジ(汚し)マップのコントラストを変更します。
Grunge Map Invert - new - グランジ(汚し)マップの輝度を反転。
Grunge Diffuse Opacity – new - グランジ(汚し)マップとディフューズマップとのブレンドを設定します。
Grunge Blending Mode Diffuse - new - ディフューズマップとグランジ(汚し)マップとのブレンドモードを設定します。
Grunge Blending Mode Specular - new - スペキュラー反射マップとグランジ(汚し)マップとのブレンドモードを設定します。
Grunge Blending Mode Relief - new - ハイト/ノーマルマップとグランジ(汚し)マップとのブレンドモードを設定します。
Grunge Shadows in Diffuse - new - グランジ(汚し)マップからディフューズマップに影を追加します。

 

DETAILS  
Details Input Intensity ハイトマップとノーマルマップ上で高周波を追加するディティール入力の強さを設定します
Details Input Tiling ハイト、バンプ、ディスプレイスメントとノーマルマップのエッジをシャープにします。

 

 

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。