フォローする

ネットワーク サブネット環境でのライセンス使用方法とは?

ライセンス IP マスクがネットワークのタイプ (class B、class C、あるいは指定したサブネットのリスト) と一致しているか確認してください。一致していない場合、support@sidefx.com にお問い合わせください。キーを再発行できるようライセンスの返却を指示します。

ライセンスの取得には2つのプロセスが必要です。 ひとつはライセンスの実際の「チェックアウト」で、これはインストールされたライセンスのIPマスクによって処理されます。2つ目はライセンス サーバ自体から読込めるかどうかということです。 これはライセンス サーバにある sesinetd.options ファイルによって制御されています。

このファイルには以下を含む必要があります:
-V 2 -z 250000 -m

他のオプションの追加もできます(すべて一行に収めて)。

例: 192.168.*.* と 10.1.*.* の二つのサブネットを持つサイトの場合

ライセンス サーバの sesinetd.options ファイルには以下を含めます:
-V 2 -z 250000 -m 192.168.*.*,10.1.*.*

これにより、両方のサブネット上のクライアントが (keystring の IP マスクを通じて) ライセンスをチェックアウトし、ライセンス サーバから (sesinetd.options ファイルを通じて) ライセンスの読み込みを可能にします。

sesinetd.options ファイルは以下にあります:

  • Linux: /usr/lib/sesi
  • Windows: C:\Windows\System32 (このファイルを作成し、ここに置く必要があることに注意してください)
  • Mac: /Library/Frameworks/Houdini.framework/Versions/14.x.x/Resources/houdini/sbin

sesinetd の動作制御の詳細については、「sesinetd で利用可能なオプションとは?」 を参照してください。

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。