フォローする

hserver で利用可能なオプションとは?

hserver の動作を指定するファイルは Linux/Mac OSX 上では hserver.opt で Windows 上では hserver.ini です。

Windows
hserver.ini ファイル は、デフォルトでは、 C:\Program Files\Side Effects Software\Houdini 14.x\houdini\hserver.ini. にあります。
hserver の効力を発揮させるためには、このファイルを C:\Windows\System32 に移動させる必要があります。

Linux
hserver.opt ファイルは <インストールしたパス>/houdini/hserver.opt にあります。

Mac
Mac OS X 上は hserver が Activity Monitor のプロセスリストに表示されることを確認してください。 Activity Monitor は Applications -> Utilities フォルダにあります。

以下のオプション付きで (あるいは無しで) hserver を実行すると、他の (リモートホスト上からも) Houdini セッションからのリモート アクセスが許可されます。

オプション:

-d デーモン プロセス としては実行しない (デバッグ用)
-r N N 個のリモート レンダーの実行のみ許可
-t N 通信のための N スレッド (デフォルト 6) の使用
-a pct リモート タスクの拒絶のロード平均値 (0-101)
-n レンダリングのみのライセンスのみ許可
-m mask 読み込み許可マスクの設定
-M mask 書き込み許可マスクの設定
-T N ソケット読み込みのタイムアウト (ミリ秒)。負の値であれば、タイムアウトしないでソケットからの読み込み


以下のオプションは、実行中のバージョンの hserver (リモート マシン上の可能性あり) のコントロールもしくはクエリのメカニズムを提供します。

オプション:

-h host クエリ/コントロールするリモート ホストの指定
-q hserver デーモンの終結
-l hserver のロード情報を取得
-g 非グラフィック ライセンスの分布の厳密性の緩和
-p hserver.opt オプション ファイルの再読み込み
-V 指定したバージョンの Mantra のコマンドをすべて表示
-S host ライセンス サーバ ホスト名の変更
-K サーバ タスクの強制終了。「all」が指定された場合、サーバ上で実行中のすべてのタスクが強制終了されます。
-P サーバ上のタスクの一時停止
-R サーバ上の一時停止タスクの再開
-H type N N 秒と入力された分だけライセンスのホールド。N に -1 を指定した場合、ライセンスは無期限ホールド。

オプション構成の詳細は、hserver.opt ファイルを参照してください (Windows の場合、 hserver.ini)。

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。