フォローする

sesinetd で利用可能なオプションとは?

sesinetd の動作の制御には:

sesinetd.options ファイルに以下のオプションを挿入します。

  • Linux は /usr/lib/sesi にファイルがあります。
  • Windows はC:\Windows\System32 にあります。
  • Mac の場合、ファイルは /Library/Frameworks/Houdini.framework/Versions/14.x.x/Resources/houdini/sbin にあります。

オプション:

-v バージョン情報のプリント
-n count 処理に使用するスレッド数の指定
-l file ログ ファイルの指定
-V level ログ レベルの指定
  0 = ログ無し
  1 = エラーのみ記述
  2 = メッセージとエラーを記述
-z size 最大ログファイル サイズの指定 [デフォルト: 1M]
  例: 0.5M = 0.5 Mb
  32k = 32 Kb
  5000 = 5000 bytes
-m ipmask 読み込み IP マスクの指定 (アドレスが一致するクライアントのみサーバへのクエリを許可する)
-M ipmask 書き込み IP マスクの指定 (アドレスが一致するクライアントのみサーバへの書込みを許可する)
-p port 代替ポートの指定 [デフォルト: ]
-R pidfile 開始時の pid を書き込むファイルの指定

注: 書き込み/読み込み IP マスクは sesinetd を開始後は設定できません。
デフォルトの読み込みマスクは 「+.+.+.*」です。
デフォルトの書き込みマスクは「+.+.+.+」です。

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。