フォローする

Redshiftユーザー事例「宝くじ当選 - SHEDはRedshiftを使って夢の人生を表現」

1日に1,000ドルで何ができるか想像してみてください。 モントリオールに本拠を置くアニメーションスタジオSHEDは、Sid Lee MontrealのThe Daily Grand Lotteryのためにこれを行うよう求められました。

 

Daily Grand + Breakdown (EN) from SHED on Vimeo.

SHEDの最初のコンセプトは、宝くじ当選者のエキサイティングな経験の1つを毎日紹介する30日間のカレンダーを構築することでした。ストーリーを伝えるために、チームは30日間を30秒のアクションパックに凝縮する方法を見つけなければなりませんでした。

SHEDはアニメーションからVFXまで幅広いプロジェクトで2,3年にわたってRedshiftを使用していました。Daily Grandが2016年9月にスタジオのデスクに着陸したとき、プロジェクトを回すのに数カ月しかありませんでした。SHEDは、Redshiftがビジュアル的にリッチかつ複雑なアニメーションを、時間と予算の両方で提供することが可能であるということを既に知っていました。

クライアントをハッピーに


キャラクターデザインからアニメーションスタイルまでのThe Daily Grandのすべての要素はSHEDによって作成されました。Redshiftは、クリエイティブなプロセスを通してルックデブから最終的なレンダリングまで使用されています。

「プロジェクトが始まる前に、[Redshift]を使うことで、デモやルック・デブシーンを作り、どのように見えるかについて代理店に信頼を与えることができます」SHEDの共同所有者でVFX監督のSylvain Lebeau氏はこう説明します。「Redshiftはとても高速なので、本当にそのイメージが好きだと思えるポイントに到達するまで、何度も繰り返し作業し、代理店に送ることができました。」

仕事が委託されるとすぐに、SHEDは技術開発プロセスに参加しました。Redshiftのスピードとパイプラインの統合機能は、アニメーションの魅力の大部分を占めるローリングトランジションエフェクトを作成するために不可欠でした。

これは、SHEDのHoudini FX TDのHakim Harrouche氏によって制作されました。 Hakim氏が作成したエフェクトは、Houdiniから頂点マップ情報としてMayaにエクスポートされました。 Redshiftの頂点カラーノードは頂点マップ情報を処理し、レンダリングで望ましいディスプレイメント効果を得ることができました。

「Hakimはこのトランジションエフェクトを開発していましたが、どのように見えるかを確認するために、シーケンスの沢山のバージョンをファームに送信することができました」とSylvain氏は言います。

SHEDがこれらのスポットを作成する前にRedshiftに移行したので、すでに3台から4台のNVIDIA GTX Titansを搭載した10個のレンダリングノードからなる堅牢なGPUファームをすでに所有していました。 これは、既存のCPUファームが解放されたことを意味し、SHEDがこの新しく獲得した容量をNUKE専用にしてコンポジットチームに利益をもたらすことを意味しました。

ノイズ削減

SHEDは、Redshiftのトラブルシューティングツールを活用して、アニメーション中に斑点やちらつきなどの問題を回避しました。

「ノイズがどこにあるのかを特定するのに役立つグローバルなサンプリングオーバーライドが本当に気に入りました。 これはすばらしい機能であり、他のレンダリングソリューションと比較してサンプルを追加する場所を実際に把握するのに役立ちます」とSylvain氏は説明します。

Redshiftはこのような機能性があり、SHEDにとってThe Daily Grandを技術的なチャレンジというよりも満足のいくデザインの課題としました。制作されたコンセプト作品の多くは、SHEDの本来の創造性と、デザインの反復を可能にするRedshiftの力の証です。

当然のことながら、どのCG制作でも、効率性は依然として重要です。 「The Daily GrandにはRedshiftのベイクツールが数多く使用されています」と、ショーのルックデブと&ライティングアーティスト、Maxime Roz氏が明らかにしました。 "特に背景に使用されました。 モデラーからシーンを取得すると、1000個のオブジェクトがあります。 これを約50個のオブジェクトにパックします。 その後、Diffuseマップを焼き付け、UVを再パックしてメモリを減らします」

これらのベストプラクティスのワークフローを使用して、SHEDはThe Daily GrandのすべてのレンダリングをGPUメモリ内に保持することができました。 これは、プロジェクトが利用可能な最短のレンダリング時間でレンダリングされたことを意味しました。締め切り直前とって大変価値のあることでした。

「私は納期まであと1日となったとき、眩暈を感じました。30秒間のコマーシャル全体を再レンダリングしなければいけませんでした。我々は、プロダクション中に行った多くの反復で成功すると確信していました。 」SHEDの上級ライティングアーティストとコンポーザーであるPhilippe Sylvain氏は告白します。

チームがCPUベースのレンダラを使用していた場合、ショーを配信することはできませんでした。Redshiftでレンダリングするのためにかかった時間はたった14時間でした。

「CPUベースのソリューションを使用していた場合、30秒間の全体をレンダリングするには5日間かかりますが、Philはすべてを再レンダリングし、翌日に引渡しを実現することができました」とSylvain氏は説明します。

創造性にフォーカスを当てる

将来に目を向けると、SHEDは唯一のレンダリングソリューションとしてRedshiftを使用する予定です。

SHEDは既にCinema 4Dプラグインのアルファ版をテスト中です。 Hakim氏は、最近リリースされたRedshift for Houdini.プラグインについても語りました。

「キーワードは高速です」と、Hakim氏はHoudiniプラグインについて語っています。 「Houdini内でのルックデブは本当に嬉しいです。 シーンの最適化ではなく、アート側面に集中することができます。」

アーティストがRedshiftを魅了する主な理由の1つはスピードですが、Sylvain氏は、厳しいターンアラウンドでのプロジェクトでRedshiftを使用することのもう1つの利点を強調したいと続けます。「Redshiftの人々のクールなことの1つは、 私たちが尋ねたすべてに本当にすばやく回答してくれました...。 私は彼らはまさに寝てないと思います!

SHEDとその仕事の詳細については、http://shedmtl.com/en/をご覧ください。

原文:https://www.redshift3d.com/blog/winning-the-lottery-shed-uses-redshift-to-depict-a-dream-life

0 コメント

ログインしてコメントを残してください。