フォローする

Windows環境へDeadlineClientインストール中にDeadlineRepositoryの指定で警告が表示されインストールが出来ない

■問題
Windows環境へDeadlineClientをインストール中、DeadlineRepositoryを指定して進めると、"The Repository Directory is invalid or does not exitst." と警告が表示されてインストールを進めることが出来ません。
DeadlineRepositoryをインストールしたPCには問題なくログインすることはできております。

disconnectRepositoryInInstallingClinet_1.png

■解決方法
Windowsの資格情報マネージャー(コントロールパネル > ユーザー アカウント > 資格情報マネージャー)でDeadlineRepositoryをインストールしたPCへのログイン情報が保存されているのかご確認下さい。

例. DeadlineRepositoryインストールPC(192.168.1.190)へのログイン情報が保存されているかの確認
loginInfoConfirmation.png
ログイン情報が保存されていない場合は、下記手順でWindows 資格情報の追加を行って下さい。

1.
資格情報マネージャーのページより、Windows 資格情報の追加 を押します。

CredentialManagerRegistration_step_1.png

2.
ログイン先のネットワークアドレス、ユーザー名、パスワード を入力してログイン情報の登録を行います。
CredentialManagerRegistration_step_2.png

資格情報マネージャーにDeadlineRepositoryのインストールPCのログイン情報が追加されていることを確認した後、再度DeadlineClientのインストールをお試し下さい。

 

 

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。