フォローする

2.5.21で搭載された新しいColor Layer ノード(C4D/Houdini/Katana)

バージョン2.5.21ではC4D、Houdini、Katanaの新しいマルチレイヤカラー合成ノードが登場する予定です。 このノードを他のdccに追加することもできますが、これらのノードにはすでにネイティブの合成ノード(類似の機能セットを持つ)のポートが付属しているため、この段階では価値がないようです。

2.5.21より前のバージョンでは、「RS Color Composite」ノードがカラーブレンドに使用されていましたが、このノードはテクスチャのアルファチャンネル駆動のオーバーレイブレンディングに限られていました。 「RS Color Layer」と呼ばれる新しいノードはPhotoshopスタイルのカラーブレンドオプション(「Normal」、「Average」、「Multiply」など)と、すべてのPorter-Duff alpha overlaying 操作の適切なサポートを備えています。

各レイヤーにはオプションのアルファ ”Mask”入力が付いており、レイヤーの透過性を制御する場合やレイヤーカラーに独自のアルファチャンネルが含まれていない場合など、オーバーレイをより詳細に制御できます。

下の図は、Redshiftロゴと名前のアルファカットを使って、オーバーレイを定義する「マスク」入力の簡単な例を示しています。 ベースレイヤーのカラーとしてレンガのテクスチャを使用して、カラーレイヤーには赤い実線が使用されます。

以下では、マスクを使用しない例を示します。代わりに、オーバーレイを定義するアルファチャンネルを含むカラーレイヤテクスチャを使用しています。

レイヤーのデフォルトのオーバーレイアルファブレンディングモードは「Over」です。これは合成時に最も一般的に使用されます。

  Advanced Overlay Optionsを有効にすると、「オーバーレイ」、「アットトップ」、「イン」、「アウト」などの「オーバーレイモード」オプションを追加することで、テクスチャの事前乗算されたアルファを使用してオーバーレイ技術をより詳細に制御できます。

デフォルトでは、アルファチャンネルを持つテクスチャは、アルファ値がカラーコンポーネントにあらかじめ乗算されていると仮定します。 注:シェーダのアルファオーバーレイのブレンド計算は、事前に乗算されていないアルファを使用しないで内部的に動作するため、「Color Has Premultiplied Alpha」が正しく設定されていることが重要です。

RGBAテクスチャがあらかじめ乗算されたアルファを含んでいる法が多い場合は、このスイッチがいつも邪魔だと感じるかもしれません。その場合は、ご連絡いただければ私たちはデフォルトを変更します。

最後に、将来手には、このノードを拡張してマテリアルをブレンドできるようにしたいと考えています。 お楽しみに!

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。