フォローする

SUBSTANCE DESIGNER:斜め補正を搭載しベイク機能を刷新!

Substance Designerの最初のナンバーレスリリースでは、ベイク機能は大きく刷新されました。今回は、今後のリリースでベイク処理をより速く楽にするための最初のステップにすぎません。 その他の更新には、グラフ、HBAOフィルタ、Autolevelノードの改善が含まれます。 

刷新されたベイク機能:フェーズ1

UIは、より少ないスクリーンスペースになるよう再設計され、これまでと同量の情報を合理化されたレイアウトで表示します。 これにより、近い将来に新しい興味深いコンポーネントをベイクUIに追加できるようになります。現在調整中です。

速度の改善に取り組み、ハイポリメッシュは一度だけロードされ、ベイク機能が閉じられるまでメモリに保持されます。 Substance Designer UIを調整し、2D / 3Dビューでベイク結果を確認し、ウィンドウを開いたままにすることが可能です。

ベイクに掛かる時間はかなり短くなるはずです。

最後に、新しい斜め補正オプションがすべてのレイトレースベイク機能に追加されました。 これにより、黒と白のマスクを供給してベイク処理を駆動し、ハードサーフェースのベイク時の歪みを回避することができます。

グラフの改善

親ツールバーのグラフサイズデータがグラフ内に直接保存されるようになりました。 任意の角と罫線からグラフフレームのサイズを変更できるようになりました。

グラフのサムネイル生成時間が改善され、専用のキャッシュ量が設定でカスタマイズ可能になりました。

最後に、グラフのInput Paramterを、個々のグラフまたは別のグラフに個別にまたは大量にコピーして貼り付け、すべてのプロパティを保持することができます。

HBAOの改善

hbaoフィルタが更新されました。これで、複数レベルの品質を選択できるようになり、半径コントロールがより自然な形で動作するようになりました。 また、フィルターは16f / 32fの画像入力が可能です。

PBR変換ノードの更新

Renderman(PxrSurface)、Corona 1.6、Arnold 4(AlSurface)、Arnold 5((Ai Standard))の新しいシェーダに合わせて、BaseColor、Metallic、Roughnessチャンネルを変換できるようになりました。

AutoLevelノードの改善

Autolevelノードは速度向上(わずかですが)、最高品質を提供し(Qualityパラメータは削除されました)、16f / 32f値をサポートしています。[0、1]の範囲に合わせてHDRを再マップします。

新しいコンテンツと修正の完全なリストについては、リリースノートをご覧下さい。

Wes McDermottのライブストリームを見て、Substance Designer 2017.1の新機能のデモをダウンロードしてください:

 

以前に発表されたとおり、このリリースは、すべてのSubstance Designer 6 - Indieライセンス保有者、およびSubstance Designer 6 - Proライセンス保有者に無料でアクセスできます。 いずれの場合も、2018年6月30日までの更新が届きます。

Substance Designer 6ライセンスを所有していない場合は、Substanceをサブスクリプション契約するか、またはSubstance Designerの更新版を12か月間購入することができます。

原文:https://www.allegorithmic.com/blog/substance-designer-revamped-bakers-skew-correction

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。