フォローする

Katana-フローティングライセンスのVrayを追加する方法(windows)

KATANAでVrayを追加する

まず、Katana,Vrayがサーバでライセンスが認識されていることをご確認ください。

クライアントPCにVray for Katanaをセットアップについて、Chaos groupより取得したインストールプログラムをデスクトップに解凍します。

解凍したプログラムをC:\Program Filesに移動します。

KatanaでVrayを起動するための.batスクリプトを作成します。下記のスクリプトはサンプルです。

 

set "KATANA_ROOT=C:\Program Files\Katana2.5v1"
set "VRAY_INSTALL_PATH=C:\Progra Files\vray_adv_36001_katana_2_5_x64"
set "VRAY_FOR_KATANA_PLUGINS_x64=%VRAY_INSTALL_PATH%\vrayplugins"
set "PATH=%PATH%;%VRAY_INSTALL_PATH%\RenderBin"
set "KATANA_RESOURCES=%KATANA_RESOURCES%;%VRAY_INSTALL_PATH%"
"%KATANA_ROOT%\bin\katanaBin.exe"

起動する際に作成した.batをダブルクリックしてKatanaを起動するとVrayのレンダラーが下記の画像のように追加されます。

Vrayのサーバマシンのライセンスを指定

Windows Start > All Programs > Chaos Group > V-Ray [host app] > Licensing > Change V-Ray client license settingsを開きlicense serverにサーバのIPアドレスを入力しOKをクリックします。

 image2014-2-9_2-36-7.png

 他のレンダラー追加スクリプトについては下記のページをご参考ください。

http://community.foundry.com/discuss/topic/125470/the-katana-startup-script

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。