フォローする

Shotgun 7.2 アップデート



RV ウェブストリーム再生への対応
RVは、デスクトップから高解像度の画像やムービーを確認するための強力なツールです。
RVではこれまで、ローカルデータを再生しておりましたが、Shotgun上のVersionを
RVで再生できるようになりました。
つまりは、ローカルにデータがなくてもShotgun上のVersionどうしを左右に並べて
比較再生することができるようになります。
ご利用になるには、最新のRVが必要です。こちらからダウンロードしてください。



↓↓



RV SDI のご利用
SDI信号の再生が行えるRV SDIという製品は、
これまでSuper Awesome サポートのみのオプションでした。
RV 7.2 からは、サポートレベルを問わずShotgun認証で
RV SDI のご利用が可能になりました。


Markdownの機能を追加
画像埋め込み、リスト、表、チェックボックスなどを作成できるようになりました。

(例)

↓↓↓↓↓↓


その他のタグは、こちらのページをご覧下さい。

 

シングル・サインオンへの対応
Super Awesomeサポートをご契約のユーザー様は、シングル・サインオン認証と連動させてShotgunやRVにログインすることが可能になります。SAML2.0対応したアカウント管理システムとの連動に対応しています。
こちらの機能を希望される方は弊社サポートまでお問い合わせ下さい。




Toolkit v.1.0.0 のリリース


一般的に難しいと言われていた、Toolkitの初期設定がより簡単になりました。
これまでは、Shotgun Desktop アプリからプロジェクト設定を行う必要がありましたが、
アプリをインストールするだけで、Maya、3ds Max、Photoshop、Nukeなどとの連携が
できるようになります。

PCにインストールされているツールを自動検知して、Shotgun上の新たなSoftwareエンティティで
プロジェクト毎に各ツールの起動バージョンなどを管理出来ます。
DCCツールで利用が出来るShotgunパネルを通じて、MyTasksの表示やNoteの確認が行えます。
また、ファイルをドラッグ&ドロップするだけで、シーンのコンテンツをShotgunに
Publishできる機能も追加されました。
その他、Loader機能も含めたユーザーインターフェースも改善が行われています。
Integrations User Guide

タグ編集ページの追加
Tag(タグ)の編集をしたい
https://support.borndigital.co.jp/hc/ja/articles/115007749448

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。