Created on | Updated on

Autodesk製品のライセンス情報をリセットする(2019、2018、2017 リリースのオートデスク製品の場合)

問題

アクティベーション時に以前使用していたユーザアカウントを変更またはシリアルを変更している場合などにアクティベーション情報の整合性が取れなくなってしまいアクティベーションウインドウが繰り返されてしまうことがあります。

 

解決方法

一度ライセンス情報に関連する下記のファイルをすべて削除してから、再度製品のアクティベーションを行います。

 

  1. 次の LGS.data ファイルを削除します。
C:\ProgramData\Autodesk\CLM\LGS\<プロダクト キー_製品バージョン>.0.0.F\LGS.data
たとえば、AutoCAD 2019 の場合、ファイルは次の場所にある可能性があります。C:\ProgramData\Autodesk\CLM\LGS\001K1_2019.0.0.F\LGS.data
  1. シングルユーザー ライセンスの場合は、次のフォルダとファイルを削除します。
    • C:\ProgramData\Autodesk\ADUT
    • C:\Users\<ユーザ>\AppData\Roaming\Autodesk\ADUT (存在する場合)
    • C:\Users\<ユーザ>\AppData\local\Autodesk\Web Services\LoginState.xml

      注: フォルダやファイルが表示されない場合は、「隠しファイルを表示する」を参照してください。
  1. オートデスク ソフトウェアを再起動します。

フォルダなどが表示されない場合には下記のリンク先をご参照ください。

[参考情報]
Windows の隠しファイルや隠しフォルダーを表示する方法
http://support.microsoft.com/kb/2453311/ja

 

 

問題が解決しない場合は、Born Digital サポートまでお問い合わせ下さい。

サポート問い合わせ