Created on | Updated on
フォローする

Houdini Game Dev Tools:重力を使用した配置ツール「PHYSICS PAINTER」

[TUTORIAL] Game Tools | Physics Painter from Paul Ambrosiussen on Vimeo.

下記のサイトに上記のチュートリアルが掲載されておりました。
https://www.sidefx.com/tutorials/game-tools-physics-painter/

このツールを使用するにはGame Dev Toolsを1.8にアップする必要があります。

Physics Painterは、ユーザーが物理オブジェクトを他のオブジェクトの上にペイントして重力をシミュレートできるようにするHoudini Digital Asset(HDA)です。前回のシミュレーションの結果は、必要に応じて頻繁に新しい シミュレーションの反復を供給することができます。ユーザが望む結果を得るために2つのパラメータを制御可能です。

User Interaction

このツールは非常に使いやすいように構成されています。 何回かボタンを押すだけで、すばらしいシミュレーション結果が得られます。 インターフェイスの上部で、ユーザーは3つのボタンを押して実行することができます。 Dry Current Paintは、緑でマークされた動的オブジェクトを静的に変換し、次のシミュレーションに戻って供給します。 現在のペイントをクリアすると、アクティブなオブジェクトがクリアされ、すぐやり直すことができます。 (すでに乾燥されたオブジェクトを保持します)。 Clear All Paint は、すでにベイクされたオブジェクトを含むキャンバス全体が消去されます。 慎重に使用してください。Undoはできません。

Quick Settings

Quick Settings]タブには、ユーザーが一番使用するパラメータが表示されます。 すべての「generic」設定を含み、ペイントとして使用されるメッシュには直接関係しません。 オブジェクト固有の設定については、「Object」を参照してください。 Quick Settingsでは、Stroke Padding、ペイントするオブジェクトの密度、初期サーフェスオフセット、初期回転(XYZ回転)、およびスケールを増減するためのオプションが用意されています。

これらの設定は現在アクティブなオブジェクトにのみ影響し、シミュレーションの開始後は変更しないでください。 ただし、フレーム1にスクロールして変更することは可能です。

Paint Objects

[objects]タブでは、どのオブジェクトをペイントするか、インスタンス化の確率が何倍であるかをユーザーが制御できます。 ユーザは、シミュレーションメッシュおよびオプションのレンダリングメッシュとして使用されるメッシュを供給することができます。 weight パラメータ(スライダ)は、加重ランダム選択プロセスによってインスタンス化される特定のオブジェクトの重みを制御します。

Paint DOPs Settings

各固有オブジェクトエントリは、ダイナミクスプロパティの一部を変更するオプションも取得します。 これらには、密度、質量、回転剛性、結合および摩擦が含まれます。 ペイントされたオブジェクトと静的オブジェクトの両方に適用されます。 (別のドロップダウン)。

General DOPs Settings

最後なりますが、確実に最も重要なことは、ユーザーがシミュレーションの全体的な外観を変えることができるより一般的なDOP設定を見つけることが可能なことです。ユーザは、シミュレーションで実行されたサブステップの数を変更することもできます。 数値が高いほど精度は高くなりますが、計算時間が遅くなります。 ユーザーはここでも重力設定を変更することができます。

ユーザは、シミュレーションで実行されたサブステップの数を変更することもできます。 数値が高いほど精度は高くなりますが、計算時間が遅くなります。 ユーザーはここでも重力設定を変更することができます。

例えばかっこいい宇宙のシーンを作成することは? 重力に加えて、ユーザーは複数の抗力を加えて遅くしたりすることも可能です。

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。