Created on | Updated on
フォローする

Nukeで"License timed out on server"エラーメッセージが表示される

現象

しばらくの間、Nukeを実行した後、通常1時間以上経過すると、次のエラーメッセージが表示されたライセンス警告ポップアップが表示

RLM: License time out on server
 
[OK]をクリックすると、引き続きNukeを実行できるはずです。  これは、Kronos、Keylight、OFlowなどの組み込みのプラグインノードやFurnaceCoreなどのNukeX機能を使用している場合に発生し、フローティングライセンスでのみ発生します。
 

原因

 
この問題はフローティングライセンスでのみ発生し、ライセンスサーバーとの定期的な通信を維持していないライセンスサーバーへのNukeの接続の1つと、RLMサーバーがライセンスが失われたとみなすまでの待機時間のデフォルト設定によって発生します。
 
ネットワークサーバーによるNukeのライセンス確認
Nuke実行ファイルと内部DDImageライブラリの両方がnuke_iライセンスを持っていることをサーバにチェックすると、1つのライセンスだけがコンピュータにチェックアウトされますが、両方のプロセスで共有されます。さらに、NukeXモードでNukeを実行すると、実行可能ファイルとDDImageは共有するnukex_iライセンスもチェックアウトします。
 
Nuke(OFlow、Kronos、Keylighなど)やNukeX機能(FurnaceCoreノードを含む)の一部のノードでは、DDImageにライセンスサーバーが接続されていないことが確認されます。Nukeのバグは、DDImageのチェックアウトがライセンスサーバーへの接続を維持しておらず、ライセンスがまだ使用中であることを知らせることです。
 
サーバーのライセンスタイムアウト設定
Foundry Licensing Tools(FLT)を使用してRLMオプションファイルをインストールし、次の行を含めることにより、すべてのライセンスのタイムアウト設定を1時間に設定します。
タイムアウト3600
 
TIMEOUTまたはTIMEOUTALL設定は、ライセンスが使用されていないとみなされ、それを取り戻す前に、サーバーがライセンスのチェックアウトを聞くことなく待機する時間を決定します。クラッシュしたプログラムがライセンスをマシンにチェックアウトしないように、このデフォルト値を1時間に設定しました。

残念ながら、これはDDImageライセンスのバグと結びついています。そのため、Nukeをタイムアウト設定以上に実行してからDDImageをチェックするノードを使用しようとすると、ライセンスタイムアウトメッセージが表示されます。別のノードを作成する、またはノードの設定を変更するだけで、DDImageがサーバーと再度通信し、同じライセンスをチェックアウトするのに十分なはずです.Nukeを再起動する必要はありません。
 
この問題は内部的にバグ156955として登録されています。

解決

この問題を回避するには、下記の場所にあるオプションファイルのタイムアウトの値の設定を長くして、これらのポップアップを表示する前にNukeがより長く実行されるようにします。
C:\ Program Files \ The Foundry \ RLM \ foundry.opt 
または、C:\ ProgramData \ The Foundry \ RLM \ foundry.opt 
OSX:/ Library / Application Support/TheFoundry/RLM/foundry.opt
Linux:/usr/local/foundry/RLM/foundry.opt 
 
TIMEOUTALLの値を変更してください(デフォルトでは3600の値になっており1時間でタイムアウトの設定)。たとえば、2時間のタイムアウトを設定するには、その行をTIMEOUTALL 7200に変更します