フォローする

Shotgun Panel を活用する

Shotgun Toolkitには、Shotgunを開かなくても
書くアプリケーションのウィンドウから、Shotgunの詳細ページを表示し
自分のTaskの情報をリアルタイムに確認したり、コメントを送ったり
することができます。
作業中に、担当者にスクリーンショットを送って質問を投げるのも
簡単にできるようになります。

Shotgun Desktopを起動し、アプリケーションのShotgunメニューから
Shotgun Panelを起動します。

割り当たっているTask名が表示されます。



①Set Work Areaを押しておくと、そこを中心に作業を開始できます。
②を押すと、①のWork Area に戻ります。
Work Area を変更したい場合は、③のアイコンを押すとHomeの画面にもどりますので
そこから選択しなおします。



このマークがついている箇所がWork Areaです。


ここの表示は、Shotgunの詳細ページにある

Activity
Notes
Versions
Publishes
Tasks

と同じものがアプリケーション上から、リアルタイムに見えるようになっています。
ここから、Shotgunのコメント、Version、Publishの情報が確認できます。

オプションがいくつかあります。


Shotgunサイトへリンクするときに、ChromeやFirefox以外のEdgeなどで
開かれてしまう場合はこちらをご確認ください。

Shotgun Desktop から開くブラウザをChromeに変更する

ShotgunPanelのアクティビティからは、コメントをShotgunに
記録するだけでなく、スクリーンショットも送信できます。
この機能を使えば、Mayaなどでシーンを開いた状態で、チェック画像を
提出することができます。

■コメントを書く


送信したい相手を指定するために、@で名前を入れることができます。
送信相手とコメントを入力して、カメラアイコンからスクリーンショットを作成します。

すべて完了したら登録します。

登録されました。


View in Shotgun でShotgunを開いてみます。



■Shotgunへのデータ反映

Shotgunにも反映しています。


@でToを指定したユーザーのInboxにも通知が届いています。



0 コメント

記事コメントは受け付けていません。