フォローする

ボリュームグリッドの発光に関する重要な変更!(2.5.38以降)

原文:https://www.redshift3d.com/forums/viewthread/14910/

Redshiftのユーザーは、最近、このスレッドでRedshiftのボリュームグリッドの発光に関する問題を報告しました:https://www.redshift3d.com/forums/viewthread/14895/

調査の後、Redshiftのボリュームグリッドの発光計算に以下のような影響を及ぼす可能性のある誤った仮定が含まれていることを認識しました。

1)発光強度が強すぎたり弱すぎたりする可能性がある。
2)発光結果は、場合によっては階段状エフェクトを示すことがある(このユーザが気付いたように)
3)発光量はカメラ内ではうまく見えるが、GIの寄与が懸念される場合、弱くなる可能性がある

このバグは、ありがたいことに、再現と修正がかなり簡単でしたが、残念ながら、この修正は、既存のシーンに調整が必要な場合があることを意味します。

ユーザーの混乱を避けるため、「Enable Legacy Volume Grid Emission」という実験的なオプションを追加します。 デフォルトでは、このオプションは古い(そして間違った)手法を使用するため、無効になります。 しかし、現在プロジェクトの途中にあり、たくさんのボリュームシェーダーを調整する余裕がない場合は、このオプションを有効にして通常どおりに作業を続けることができます。

バグ修正(と新しいオプション)は次のバージョンに含まれます:2.5.38

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。