フォローする

Shotgun Toolkit でPublishする(PhotoshopCC編)

1)Shotgun側の事前準備

ShotgunでTaskを作成し、Assigned Toしておきます。
下記はAssetエンティティでAssigned Toしています。



------------
2)Shotgun Desktop の起動
Shotgun Desktopアプリのダウンロードはこちらです。
Desktop download and setup

Shotgun Desktop を起動します。
このマークがShotgun Desktopです。




Shotgun Desktopが開きました。
初回はログイン画面が表示されます。
プロジェクトのアイコンの一覧が表示されましたので、
該当のプロジェクトを選択します。



------------
3)PhotoshopCCを立ち上げ

Shotgun Desktopから、Photoshop CCのアイコンを
クリックしてPhotoshopを立ち上げます。
Shotgun Desktop経由で立ち上げないとPublishはできません。



------------
4)データを開く

プロジェクトの作業ディレクトリに保存してあるPSDデータを
開きます。以前のToolkitのように、ディレクトリ構造は問いません。
ディレクトリ設定なども必要ありません。

作業を行いたいデータをPhotoshopの 
ファイル>開く でデータを開きます。





開きました。


もし、画面にShotgunのメニューが出てきていない場合は、
ウィンドウ > エクステンション > Shotgun で表示させます。


------------
5)Publish情報の入力

作業が完了したら、ShotgunにPublishをしてみます。
Photoshopの右のパネルから、ShotgunのPublishを選択します。


Publisherに必要な情報を入力します。

Begin file versioning 

ファイルのバージョニングを開始します。
現在のファイルにv001、v002というように番号を付けて増分保存します。
         
Upload for review
ShotgunのVersionデータをアップします。
PSDの場合は、Publishの情報のみだけでなく、Versionを作成して
Shotgunへアップ、レビューすることができます。
※PSD自体はアップされません。

必要項目を入力したあとに、Validateを押すと、Publishができる状態かを

確認します。Validateを押してみます。



6)Publish前のチェック(Validate)

特にエラーなく、グリーンのチェックが付きましたので
右下のPublishボタンを押してそのままPublishしてみます。

 -------------------------------------
Publish時に下記の情報がShotgunに記録されます。
 ・Publishデータのローカルのパスデータ
 ・チェックのためのVersionデータ(サムネイルに表示)
-------------------------------------





下記の画面が出たらPublishは完了です。

CH01_Art.psd 
CH01_Art.v001.psd  Publish時に番号をつけて保存、Shotgun側にメタデータを記録
CH01_Art.v002.psd  Publish時に番号をつけて保存(v001と同じデータ、開いた状態)


7)Shotgun側の表示

Versionもアップされているので、Thumbnailが更新されます。


詳細ページから、Published Files を見てみます。
CH01_Art.v001.psd がPublishされたことが記録されています。

詳細ページから、Versions を見てみます。
Uploaded MovieにVerrsion用(レビュー用)のjpgがアップされています。

Published Filesタブがない場合



※補足 Publish前のチェック(Validate)でエラーの場合

エラーが出た場合、一番下の"Validation Complete, 〇〇 issues reported " の部分を
クリックします。



ここにPublishができない理由が書かれています。


上記の場合は、Save As... のエラーが出ていることがわかります。
これは、データを一度ファイルサーバー、またはローカルPCの
どこかのディレクトリに保存してくださいという表示になります。

よって、いずれかのSave Asのボタンをクリックして
Versioningを行いたいフォルダを指定して、一度データを保存します。
作業データを共有したい場合は、ファイルサーバー上で
プロジェクトのディレクトリの中を指定しておくのがよいでしょう。

一度、データを任意のディレクトリに保存をすると、Publish時に
そのディレクトリパスとファイル名をもとに、
Publishのデータを作成し、Shotgunに情報を登録します。

上記の 4)のように、既存のデータを開いてからPublishする場合には、
こちらのエラーは発生しません。

新規のデータを作成し、Publishする場合は下記のことが必要です。

 ・一度データを任意のディレクトリに対して、Photoshopのファイルメニューから
  保存をする必要がある。

   ・Photoshopのファイルメニューから保存をしていない場合は、Toolkit側から
  Validation後にSave As でディレクトリを指定してデータを保存する。

一度ディレクトリ上に保存されたデータでないとPublishができない
仕様になっています。

 

 

 

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。