フォローする

Redshift Version 2.5.37 リリースノート 

* [Maya] 異なるマテリアル間でテクスチャシェーダを共有するときに、プロシージャルやファイルのテクスチャuvが失われる可能性のあるバグを修正
* [C4D] 特定のコンテンツブラウザ項目のドラッグ&ドロップが受け入れられない問題を解決
* [Houdini]Houdini IPRとHoudiniイベントに対するRSRenderViewのレスポンスが改善
* [Houdini] 1フレームをノンブロッキングモードでレンダリングしているときに、終了時にHoudiniがクラッシュする問題を修正
* [Houdini] Redshift Proxy Outputノードを含むデジタルアセットを作成する際のエラーメッセージを修正
* [All] 最近導入されたパズルマットにEmissionが表示されるバグを修正しました(2.5.33で導入されたバグ)
* [All]テクスチャなしでバンプ/ディスプレースメントノードを接続するとクラッシュを引き起こすバグ(2.5.33で導入されたバグ)を修正
* [All] テクスチャが 「mirror」リピートオプションを使用しているときに不必要なテクスチャ変換を引き起こす可能性のあるバグを修正
* [All] インスタンス化されたプロキシポイントクラウドまたはプロキシをダブルアップして原点に表示させる可能性のあるバグを修正
* [All] 最近のインタラクティビティ改善技術に関する「Stack allocator num bytes should be zero」というエラーが修正
* [All] 非常に複雑なシェーダグラフ(switch + triplanar + bump)でシーンをレンダリングすると、ガベージレンダリングが発生する可能性のあるバグを修正
* [All] テクスチャの再変換の警告/トリガで、推奨される Texture Processorのオプションが記録

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。