フォローする

Redshift Version 2.5.35 リリースノート 

オンラインドキュメントはこちらをクリック

* [Maya]RenderViewでリージョンツールを使用しているときにクラッシュまたはハングするバグを修正
* [Maya]Maya IPR(non-RenderView)がアクティブビューポートをトラッキングするバグを修正
* [Max] [システム]> [その他]に[デフォルトライトをレンダリング]オプションを追加
* [Max] バケットIPRがプロダクションレンダリングよりもはるかに遅いバグを修正
* [Max]スクリプトで環境シェーダにビットマップを割り当てる際のクラッシュを修正
* [Houdini] ネイティブのHoudini MPlay / RenderView / RenderZoneツールでこの機能をサポートするために、undersamplingパラメータをROPノードのIPRオプションに追加
* [Houdini] RS RenderViewのROPノードからの解像度変更をサポート
* [Houdini] プログレッシブモードで開き、後でバケットモードに切り替える場合、RS RenderViewでAOVが欠落する問題を修正
* [Houdini] AOVsリストと内部データの順序に関連する重要なRS RenderViewクラッシュを修正
* [All] IPRのカメラレンズ歪み画像を切り替えるとクラッシュする可能性がある問題を修正
* [All] RS RenderView IPRセッション中のマテリアルやライトを編集する際に発生する可能性のあるランダムなクラッシュを修正
* [All]自動メモリ管理を有効にして空のオブジェクト(三角形やセグメントのないメッシュ)がIPRでクラッシュする可能性のあるバグを修正
* [All] RSマテリアルブレンダーをRS Shader Switchノードと組み合わせて使用すると発生する可能性のあるバグを修正

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。