フォローする

タスクの進捗確認ページを簡単に作成する(Widgets)

Pipelineを設定して、Pipelineごとに担当やTaskを割り振っている場合は、
TaskエンティティのAssigned To やStatusをもってくれば、比較的
簡単に作れます。

Taskの割り振りとStatusさえしっかり入れておけば、
進捗の確認ができるようになります。

この方法を生かせば、さまざまなグラフを作成することができます。

 


できたグラフをぜひクリックしてみてください!
中身が表示されます!



この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。