フォローする

Modo11.1v1追加された機能

Modo11.1v1でアップデートされた新機能や情報についてリリースノートから抜粋して紹介します。

Alembic I / Oの改善

Alembic Load OptionsダイアログにPolymeshストリーミングオプションメニューが追加されました。
Modoやその他のDigital Content Creation(DCC)ソフトウェアからエクスポートされた大きなアニメーションAlembicファイルからジオメトリアイテムとデフォーマを現在のシーンにインポートして、レイアウトとレンダリングを可能にします。さらに、パーティクル、シミュレートされたメッシュ、曲線、複数のUVセット、メッシュのコンポーネント、
また、マテリアルもModoにインポートされます。
Alembicのエクスポート機能にも複数の改善がされています。

 

Unreal Bridge

新しいクライアント/サーバブリッジを使用してUnreal Engine 4への直接接続を強化しています。 ModoとUnreal Engineの間で途切れることなく動作し、Unreal Bridgeは両方のアプリケーション間の双方向接続を提供し、シーン全体または選択された要素をプッシュして更新できます。 接続は、リモート、同じマシン上、またはネットワーク上の複数のマシン間で行うことができます。

 

Modeling workflow

Modo 11.1のモデリングツールは、より大きなモデリング力を提供するためにいくつかのアップグレードしました。 トポロジーペンと標準のスムースツールは、より大きなコントロールを提供するように改善されました。移動やスムージングモードの更新によりフォールオフがさらにダイナミックになりました。

 

UV Workflow

Modoの強みであるUV昨日に新機能が搭載されています。新機能のUVカバレッジインジケータを使用してUVマップを効率的に配置し、より流動的に簡単に分割または移動し配置することができます。

 

Vertex Normal & Baking

Modo 11.1はオブジェクト空間ノーマルマップベーキングをサポートするようになりました。 リアルタイムアプリケーションで静的オブジェクトの法線マップを作成する場合に便利です。

 

プレビューレンダリングの改善
Preview RenderとPreview Render Animationでは、フレームをディスクに保存する前に最大レンダリング時間を制限できるようになりました。 コンバージェンスを分析すると、最終的なレンダリング出力とは異なるレンダリングの出力設定を変更するリスクを減らす改善が行われ、コストのかかるミスがより簡単に回避されます。

 

上記以外の情報はModo11.1v1リリースノートをご参照ください。

Modo11.1v1リリースノート

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。