フォローする

Autodeskライセンス転送方法(スタンドアロン)

■ 概要

重要: ライセンスを転送するには、両方のコンピュータにオートデスク製品がインストールされている必要があります。さらに、インターネット接続と、オートデスクユーザ ID およびパスワードが必要です。ユーザ ID とパスワードを作成するには、Autodesk Register Once Web サイト(https://registeronce.autodesk.com)にアクセスしてください。

一時的または永久に、ライセンスを他のコンピュータに転送することができます。たとえば、一時的な転送を使用すると、メインコンピュータを修理したり交換するときに、モバイルコンピュータでオートデスク製品を使用できるようになります。

ライセンスの転送は、製品のシリアル番号に基づいて行われます。オートデスクのライセンスをエクスポートできるようにするには、その前に、シリアル番号とプロダクトキーを使用してアクティベーションしていなければなりません。ライセンスのインポートの間、先にアクティベーションされ、エクスポートされたライセンスは、同じシリアル番号を使用してインストールされた製品またはスイートにインポートされます。アクティベーションがインポートコンピュータに転送され、ライセンスの転送が完了します。
同時にエクスポートできるライセンスの数は、所有しているシート(使用権)の数と同じです。たとえば、所有しているシートが 5 つの場合は、同時に 5 つまでエクスポートできます。

■ ライセンスをエクスポートする

ライセンス転送ユーティリティによって、製品のライセンスがコンピュータからオンラインオートデスクサーバに移動されたときに、ライセンスはエクスポートされます。
ライセンスは、パブリックまたはプライベートとしてエクスポートすることができます。

・パブリック: 同じシリアル番号と独自のユーザ ID およびパスワードを持っている誰もがライセンスをインポートできます。

・プライベート: エクスポートしたユーザは自身のためにライセンスを確保します。ライセンスは、同じシリアル番号、同じユーザ ID、およびエクスポート時に使用されたパスワードを入力したときにのみインポートできます。

1.最初にライセンス転送ユーティリティを使用して、ライセンスを
Autodeskサーバーにチェックアウトします。

・ライセンスをエクスポートするコンピュータで、ライセンス転送ユーティリティを開始します。

(Windows)
[スタート]メニューをクリックし、[Autodesk] >[<製品名>] > [ライセンス転送ユーティリティ]を選択し
ます。

(Mac OS X)
/アプリケーション/Autodesk/2012/Licensing/ に移動して License Transfer Utility アプリケーションをダブルクリックします。

(Linux)
シェルを開いて次のコマンドを実行します。ここで、 は購入された製品のプロダクトキーです。/opt/Autodesk/Adlm/R4/bin/LTU 2012.0.0.F -d “SA”

[ライセンス転送ユーティリティ]に、オートデスク製品の名前とシリアル番号が表示されます。

・ [サインイン]をクリックします。

・ [ログイン]ページで、オートデスクユーザ ID とパスワードを入力し、[ログイン]をクリックします。

・ [ライセンスのエクスポート]ページで、エクスポート情報を確認します。

・ パブリックインポートとして使用できるライセンスを作成する場合は、[ライセンスをパブリックインポートとして使用できるようにします]をクリックします。

・ [エクスポート]をクリックします。

・[ライセンスエクスポートの確認]ページで、[完了]をクリックします。

2.エクスポートが終了したら、Mayaを一度アンインストールします。

3.その後、インストール時に、ネットワークライセンスを選択して
新規にインストールを行って下さい。

■ ライセンスをインポートする

ライセンス転送ユーティリティによって、先にエクスポートされた製品のライセンスが、オンラインオートデスクサーバからコンピュータに移動されたときに、ライセンスはインポートされます。インポートアクションによってライセンス転送処理は完了し、製品のアクティベーションはインポートしたコンピュータに移動します。アクティブなライセンスの存在によって、そのコンピュータでのオートデスク製品の実行が可能になります。

ライセンスをインポートするには

1 ライセンスをインポートするコンピュータで、ライセンス転送ユーティリティを開始します。

(Windows)
[スタート]>[Autodesk]>[<製品名>]>[ライセンス転送ユーティリティ]を選択します。
(Mac OS X)
/アプリケーション/Autodesk/2012/Licensing/ に移動して License Transfer Utility アプリケーションをダブルクリックします。
(Linux)
シェルを開いて次のコマンドを実行します。ここで、 は購入された製品のプロダクトキーです。/opt/Autodesk/Adlm/R4/bin/LTU 2012.0.0.F -d “SA”

[ライセンス転送ユーティリティ]に、オートデスク製品の名前とシリアル番号が表示されます。

注: 試用ライセンスを変更するためにライセンスを読み込んだ場合、シリアル番号とプロダクトキーを更新するためのダイアログボックスが表示されます。この場合、必要なデータを入力して[更新]をクリックします。

2 [ライセンスをインポート]ページで、[サインイン]をクリックします。

3 [ログイン]ページで、オートデスクユーザ ID とパスワードを入力し、[ログイン]をクリックします。
4 [ライセンスインポートの確認]ページで、[完了]をクリックします。

これでライセンスがコンピュータにインポートされ、そのコンピュータでオートデスク製品を実行することができます。ライセンスを他のコンピュータに転送する場合は、エクスポートとインポートの手順を繰り返します。

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。