フォローする

環境変数の追加する方法について[Windows7]

■概要
Windows7環境への環境変数(ユーザー環境変数、システム環境変数)を追加する手順について説明します。

関連項目:
環境変数の追加する方法について[Windows10]

■環境変数の追加

1.
左下にあるWindowsボタンからスタートメニューを開き コントロールパネル を開きます。

win7_env_step1.png

2.
コントロールパネル > システムとセキュリティ > システム を開きます。
左側のメニューから システムの詳細設定 を選択します。

win7_env_step2.png

3.
システムのプロパティ のウィンドウの 詳細設定 タブの画面が表示されますので、一番下にある [環境変数] を押します。

win7_env_step3.png

4.
環境変数 のウィンドウが開きます。
ユーザー環境変数を追加する場合は上側の[新規]を、システム環境変数を追加する場合は下側の[新規]を選択します。

ユーザー環境変数: ログインしているユーザーに対してのみ割り当てられる環境変数
システム環境変数: すべてのユーザーに影響を及ぼす環境変数

win7_env_step4.png

5.
追加する環境変数の情報を入力します。

addEnvironmentVariable.png

入力が完了したら、[OK] を押します。

以上で、環境変数の追加は完了です。
追加した環境変数が表内に表示されます。

win7_env_confirmEnvVal.png

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。