フォローする

ライセンスサーバーは動いているのにクライアントでライセンスが取得できない(NLMバージョン:11.13.1.2)

■ 説明

NLMバージョン:11.13.1.2では、IPv4とIPv6のインストーラーが1つになっています。IPv4 プロトコルを使用している場合、その他の変更を加える必要はありません。

ネットワークにIPv6 プロトコルを使用している場合、下記の設定を行う必要があります。
( 最新バージョンの FlexNet のドキュメント:License Administration Guide)

FNP_IP_PRIORITY 環境変数を設定することで問題が回避できる可能性があります。

206ページ「Capabilities that Support IPv6(IPv6をサポートする機能)」

このセクションは、IPv6をサポートするライセンス管理者によってFlexNet Publisher Licensing toolkitの機能を説明します。このセクションは、ライセンスファイルベースのライセンスおよび信頼されるストレージベースのライセンスによって使用されたコンポーネントを説明します。

IPv6をサポートするソフトウェアパッケージを取得するためにソフトウェアパブリッシャーで作業する場合、ライセンスファイルにおいて使われるシステム(FlexEnabledクライアントとライセンスサーバー)のIPアドレスを収集し、提供する必要があります。

ライセンスファイル

ライセンスファイル内でSERVERラインはIPv6アドレスをホストの値と定義することができます。

オプションファイル

下記を使用する場合、ホストの制限を指定するために、オプションファイルがIPv6アドレスを含んでいる可能性があります。

INTERNEタイプの次のようなキーワード – EXCLUDE, EXCLUDEALL, EXCLUDE_BORROW, INCLUDE, INCLUDEALL, INCLUDE_BORROW, MAX, RESERVE.

HOSTタイプの次のキーワード – EXCLUDE, EXCLUDE_ENTITLEMENT, EXCLUDEALL, EXCLUDE_BORROW, INCLUDE, INCLUDE_ENTITLEMENT, INCLUDEALL, INCLUDE_BORROW, MAX,  RESERVE

HOST_GROUPキーワード(IPアドレスを取得)

License Search Path(ライセンスサーチパス) 

ライセンスサーバーを識別するための決まりである「port@host」を使用するライセンスサーチパスのエントリーは、「host」値としてIPv6 アドレスを指定することができます。

Environment Variables(環境変数)

パフォーマンスとホスト名解決を処理するために新しく紹介する環境変数を紹介します。

FNP_IP_ENVは、ライセンスをチェックアウトする間、パフォーマンスを改善します。環境編数値が1に設定された場合、クライアントホスト名解決は回避され、パフォーマンスは改善されます。

注:FNP_IP_ENV変数は、クライアントエンドでのみサポートされます。

FNP_IP_PRIORITYはホスト名解決用IPプライオリティを決めます。

例:

FNP_IP_PRIORITY = 4に設定し、IPv4アドレス解決が実行された場合、この解決が失敗する場合、IPv6アドレス解決を試します。

FNP_IP_PRIORITY = 6を設定し、IPv6アドレス解決が実行された場合、解決が失敗すると、IPv4アドレス解決を試みます。
1.ライセンスとオプションファイルにて、FlexNet Publisher はIPv6アドレス(FEC0と前置きされる)のsite-local形式のみサポートします。

2.ライセンスまたはオプションファイルにおいてIPv6アドレスが使われるかもしれない間、ベストプラクティス推奨はホスト名とIPv4 アドレスを使用することです。

3.ライセンスまたはオプションファイルにおいてIPv6アドレスが使われる場合、FNP_IP_PRIORITY環境変数が設定される必要があります(FNP_IP_PRIORITY=6)

4.ライセンスまたはオプションファイルでIPv4とIPv6の混合はサポートされていません。

サーバーにより受け入れられたクライアントIPアドレス

クライアントはチェックアウトメッセージ内でIPv4 とIPv6 アドレス両方をサーバーに送ります。

いくつかのライセンスモデルでは、クライアントの実際のIPアドレスの代わりに、サーバーが、NAT変換されたIPアドレスに作用することが望ましい可能性があります。 - 例えば、特定のファイアウォールの後ろから発信する全てのクライアントを除くためにオプションファイルでEXCLUDE キーワードを使用する場合。
そのような場合、クライアントでFNP_IP_ENV=1を設定してください。この環境変数の設定は、クライアントがIPアドレスに対して自身のホスト名を解決することを回避することを意味します。つまり、代わりにサーバーがソケット接続からクライアントにIPアドレスを取得することを意味します。

 

■ IPv6を無効にする

特定のネットワーク アダプターの IPv6 を無効にするには以下の方法をご参照ください。

ローカル エリア接続のプロパティ] ダイアログ ボックスで、アダプターのバインドを解除して、これを行うことができます。

  • [スタート] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  • [ネットワークと共有センター] をクリックします。
  • [アクティブなネットワークを表示 ] 領域を選択し、 [ローカル エリア接続] をクリックし、[プロパティ] をクリックします。
  • [ネットワーク] タブで、[インターネット プロトコル バージョン 6 (Tcp/ipv6) ] チェック ボックスをオフにし、[ OK] をクリックします。

注: インターネット プロトコル バージョン 6 (Tcp/ipv6) ] チェック ボックスは、特定のネットワーク アダプターのみに影響し、選択したネットワーク アダプターの IPv6 のバインドが解除されます。ホストで IPv6 を無効にするのには、 DisabledComponentsレジストリ値を使用します。

DisabledComponentsレジストリ値は、チェック ボックスの状態には影響しません。したがって、 DisabledComponentsのレジストリ キーは、IPv6 を無効に設定されている場合でもインターフェイスごとに、[ネットワーク] タブのチェック ボックスはチェックもできます。これは、予想される動作です。

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。