フォローする

ACROBAT DCをインストールするとXIに戻れない?

Creative Cloudで提供されるAcrobatですが、最新のDCをデスクトップツールからインストールした場合にAcrobat XIはアンインストールされます。
他のPhotoshopなどはCS6、CC、CC2014、CC2015をインストールできますが、Acrobatは1バージョンのみしかインストールできません。

そこでDCにアップデートしてしまった後でAcrobat XIに戻す方法をご紹介します。

—————————————————

  1. Acrobat DCをアンインスール
    下記を参照にCreative Cloudデスクトップツールから”ギアマーク”をクリックしてアンインストールしてください。
    Acrobat DC アンインストール
    スペース
  2. Acrobat XIのインストーラーダウンロード
    Acrobat XIのインストーラーがアドビWebサイトからダウンロードできるので、下記にアクセスしてXIをダウンロードしてください。
    https://helpx.adobe.com/jp/acrobat/kb/acrobat-downloads.html
    ※Adobe Creative Cloud グループ版をお使いの方はシリアル番号は不要です。ライセンスを割り当てられているAdobe IDをご使用ください。
    スペース
  3. インストーラーの実行と解凍
    ダウンロードされたインストーラーをクリックして起動し、”実行”をクリックします。
    acrobat_installer
    acrobat_install_01
    acrobat_install_02
    acrobat_install_04
    スペース
  4. 言語の選択
    上図の終了をクリックするとインストール画面に移ります。
    言語を選択して”OK”をクリックしてください。
    言語選択
    スペース
  5. インストール開始
    Adobe Acrobat XIが表示されていることを確認し”次(N)>”をクリックします。
    acrobat_install_06
    スペース
  6. サブスクリプションの選択画面
    下図で必ず”体験版またはサブスクリプションを使用”を選択してください。
    acrobat_install_07
    acrobat_install_08 acrobat_install_09 acrobat_install_10
    スペース
  7. 以上でインストール完了
  8. Acrobat XIの起動
    起動すると使用許諾契約書が表示されるので、内容に問題が無ければ”同意する”をクリックしてください。
    acrobat_install_12
    スペース
    無事にAcrobat XIが起動しました。
    acrobat_install_13
    スペース
    ※ライセンス状態がどうなっているか知りたい場合は、”ヘルプ>ライセンス認証の解除”をクリックしてください。
    acrobat_install_14
    現在割り当てられてるメールアドレスが表示されます。
    確認が終わったらサインアウトは必要ないので、キャンセルしてください。
    acrobat_install_15
    スペース
  9. Acrobat DCを使いたい
    やっぱりAcrobat DCに戻したいという場合は、デスクトップツールからAcrobat DCをインストールしてください。

スクリーンショットがあるので面倒そうに見えますが、インストーラーさえダウンロードできれば流れ作業でインストール可能です。”体験版またはサブスクリプションを使用”というチェックだけ間違わなければ簡単です。
Acrobat XIが必要になった際はこちらの方法をお試しください。

>>元情報のアドビWebサイトはこちら

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。